米津玄師、鈴木敏夫と初対談「宮崎駿監督への興味が尽きなくて」

ツイート

米津玄師が、スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫がパーソナリティを務めるTOKYO FM『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』(毎週日曜 23:00~23:30)にゲストとして登場する。

ジブリ作品好きを公言しており、同番組のリスナーでもあるという米津。今回は、鈴木プロデューサーとの初めての対談実現となった。

小学5年生の時に観た映画『千と千尋の神隠し』が自身の音楽制作に影響を及ぼしているという米津は、「(宮崎駿監督は)どういうことを考えながら映画を作っているんだろう? めちゃくちゃ変な人なのに、子どもにも残るようなものを作れるって……本当に宮崎監督への興味が尽きなくて」と、宮崎監督のいちばん近くで伴走してきた鈴木プロデューサーと共に監督について語り合う。さらに宮崎監督の最新短編映画『毛虫のボロ』を鑑賞した際、初めて監督と挨拶したときのエピソードや、“時間”“茨木のり子”など、様々なテーマでトークが展開される。

この模様は、7月15日、22日、8月5日の3週にわたって放送される予定となっている。

『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』



放送日時: 毎週日曜 23:00~23:30 (TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット)
(米津玄師 ゲスト出演日:7月15日、22日、8月5日)
パーソナリティ:鈴木敏夫
番組オフィシャルサイト: http://www.tfm.co.jp/asemamire/
この記事をツイート

この記事の関連情報