ニュース・最新情報

プロフィール・バイオグラフィ・リンク

1991年3月10日生まれ。徳島県出身。男性シンガーソングライター。本名同じ。

2009年より、”ハチ”名義でニコニコ動画へオリジナル曲を投稿し始め、「マトリョシカ」「パンダヒーロー」「結ンデ開イテ羅刹ト骸」等の作品を発表。VOCALOIDシーンの中で、中毒性のあるロックサウンドで存在感を切り開いていき、日本だけでなく世界からも注目されるという、群を抜いた実績を誇る。また、イラストと映像も自身で手掛けている。ハチ名義では2010年に2枚のアルバム『花束と水葬』『OFFICIAL ORANGE』をリリース。

2012年には、本名の “米津玄師” 名義で、自身がボーカルをとったアルバム『diorama』をリリース。その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。全曲に渡り、作詞・作曲・アレンジ・プログラミング・歌唱・演奏・ミックスを自身で手掛けているのに加え、動画・アートワークも独りで制作するという、驚異の才能を見せる。

2013年より、生音でのレコーディング形態をとり、2枚のシングル「サンタマリア」「MAD HEAD LOVE / ポッピンアパシー」をリリース。同年、ハチ名義では、2年9ヶ月ぶりの投稿となるVOCALOID楽曲「ドーナツホール」を発表。

2014年、米津玄師の2ndアルバムとなる『YANKEE』をリリースし、オリコンチャート2位を記録。iTunesの年間ランキング「Best of 2014 今年のベスト」にて、ベストアルバムを受賞。「第7回CDショップ大賞」入賞。収録曲の「アイネクライネ」は、初のタイアップとして、東京メトロ2014年広告キャンペーン「Color your days.」CMソングに起用された。それと共に、聴いてくれる人ときちんと向き合う事を決意し、初めてのライブ活動を発表。初ライブであり、ワンマン公演となる <Premium Live 帰りの会>を6月に開催。

2015年1月、米津玄師 3rd Single「Flowerwall」をリリースし、オリコンチャート3位を記録。タイトル曲は、ニコン D5500 TV-CMソングに起用された。合わせて、初の全国7大都市ツアー、そして初の夏フェス出演を果たした。同年9月、米津玄師4th Single「アンビリーバーズ」を、10月には、米津玄師3rd Album『Bremen』をリリース。オリコンチャート1位、iTunes週間アルバムランキング1位、Billboard JAPAN HOT Albumチャート1位の三冠を達成。日本レコード大賞「優秀アルバム賞」を受賞。「アンビリーバーズ」は、MIZUNO WAVE ENIGMA5のCMに起用された。

2016年には『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』15周年企画「やり過ぎコラボ」へスヌーピーをモチーフにイラスト単体での参加。ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNO.9~漫画、9番目の芸術~」の公式イメージソングを担当、オリジナルイラストも特別出展。0/15全国公開の映画『何者』の主題歌を、中田ヤスタカ氏と初コラボで制作。また、米津玄師 5th Single「LOSER / ナンバーナイン」、初の単行本『かいじゅうずかん』を発売した。

2017年2月には羽海野チカ原作のTVアニメ『3月のライオン』エンディングテーマを務め、自身初のアニメタイアップとなったシングル「orion」は、iTunesチャートを始め、各配信ダウンロードサイトで軒並み1位を獲得し、配信11冠という快挙を達成した。今月6月21日に発売したTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニングテーマとして書き下ろした「ピースサイン」がオリコン週間シングルランキング2位、Billboard JAPAN HOT100では1位を獲得。iTunesチャートでもシングル・バンドルと1位を獲得。8月には、初音ミク10周年「マジカルミライ2017」テーマソングとして、ハチ名義の「砂の惑星」を発表。また、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌をプロデュースし、「打上花火」DAOKO×米津玄師として発表した。