ケイティ・ペリーからビービー・レクサへアドバイス「SNSのコメントは読むな!」

twitterツイート

ビービー・レクサは、Twitterのコメントを読み落ち込んでいたとき、その場にいたケイティ・ペリーから「コメントは読むな、それが第1のルールよ」とアドバイスされたそうだ。

◆ケイティ・ペリー&ビービー・レクサ画像

今年春、ケイティの南米ツアーにオープニング・アクトとして参加したビービーは『NEWS.com.au』のインタビューでこう明かした。「ケイティとツアーに出たとき、夕食の席でTwitterのコメントを読んでて、誰かが言ったことにすごく落ち込んだの。そしたら、彼女からこう言われた。“なんで、コメント読んでるの? これってナンバー1・ルールよ。コメントは読むな”って。太ってるとかブスとか、死ぬべきだとか言われるんだもの。“オー・マイ・ゴッド、これって本当?”って思うわ」

ケイティはかねてよりソーシャル・メディア全般に懐疑的で、今年初め、「バランスを取るのが大切」と忠告していた。コメントとは別のことだが、彼女は昨年末「インスタグラム・カルチャーが終焉を迎えるのが待ちきれない。そうすれば、私たちみんな、再び自分自身になれる」とつぶやき、その理由を問われると、「写真のために生きてる人がたくさんいて、“いいね”が通貨になってる。大変よね。だって、私はそんなこと気にせず、自分の人生を生きたいもの。私たち、写真を撮るために洋服やものを買い、ポーズなんかも取るし、イベントへ行ったりする。でも、それって社会的には、私たちにとっていいことじゃない。極端になると、文明を衰退させると思う。バランスを取らないと。私も個人的にバランスを取ろうとしてるのよ。だって、みんなと同じように私も(ソーシャル・メディアの)犠牲者だから」と話していた。

ビービーは子供のときから不安症を抱えており、セラピーに通うこともあると明かしており、SNSのコメントにはより注意が必要だろう。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報