【インタビュー】中村雅俊、「できる限り現役でい続けていきたい」

twitterツイート


仙吉さん。目の前に座るその人に思わず呼びかけそうになるほど、今年のNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』での中村雅俊の存在感は大きかった。劇中歌として「真夏の果実」などを歌う姿も、大きな話題を呼んだ。ほかにも音楽劇の舞台、そして毎年恒例のコンサート・ツアーと、2018年は“歌手・中村雅俊”のパワーを多くの人に知らしめる年になったのではないか。来年にデビュー45周年を控え、1年振りのニューシングルとして強力なアップテンポのロック・チューン「だろう!!」をリリースする中村雅俊に、歌手として、さらには俳優としての現在位置について語ってもらった。

  ◆  ◆  ◆

■ いやぁ、朝ドラってすごいね(笑)

──雅俊さんは今、秋のコンサート・ツアー<ON AND ON>Vol.2の真っ最中です。

中村雅俊:春まで<ON AND ON>というツアーをやっていて、それの続きみたいなものと言いながらも、半分以上曲は違うんですけどね。NHKの『半分、青い。』の劇中で歌った歌だったり、9月までやっていた舞台(『ローリンス・ソング』のテーマ曲だったりもやっていて。勿論、自分の新曲も2曲歌ってるから、<ON AND ON>のVol.2と言いながら、結局全然違う感じになっちゃいましたね。

── 先に御本人に言われてしまいましたが、今年は本当にドラマでの活躍が印象的で。

中村:いやぁ、朝ドラってすごいね(笑)。リアクションがすごいんでびっくりしちゃいました。

──思わず「仙吉さん!」と言いそうになります(笑)。劇中で「学生街の喫茶店」「真夏の果実」「あの素晴しい愛をもう一度」を歌われましたね。感激しました。

中村:最初に歌ったのが「真夏の果実」なんですよ。あれは9週目のオンエアだから、まだ先だと思って全然油断してたら、収録が始まって2、3週目でもう撮ってました。だから歌も完璧に覚えてなくて。

──そんなふうにはまったく。

中村:いやいや、そうだったんですよ。あとはね、いろいろと不平不満もあって。

──何ですかいきなり(笑)。

中村:もしも歌番組に出るんだったら、まずギター用にマイクがあって、ボーカル用にマイクがあって、それが映ってもいいからちゃんとするじゃない? でも、マイクが出ちゃいけないから。

──朝ドラにギターマイクが映ったらおかしいです(笑)。

中村:だから、こんなに長いマイクで(ジェスチャーを交えて)遠くから録るんだけど、「え、それで録るの?」って。バランスが悪くなってボーカルばかり聴こえたら嫌だなとか、心配と不安があったんですけど、ピンマイクも付けてちゃんとやってくれたので実際はなにも問題はなかったですけどね(笑)。でもあそこまで反応があるとは思わなかったですね。ドラマの中で歌うというのは、やっぱりすごいなと思いましたね。俺が歌番組で歌ってもあんなに評判にならないのに(笑)。

──そんなことないです!

中村:あとね、「あの素晴しい愛をもう一度」は、鈴愛(主人公・楡野鈴愛)を送り出す時に2回歌ってるんだけど、テストで歌ってたら、スタジオの中で泣いてる奴がけっこういて。俺の歌で泣くの?って、びっくりした。やっぱりストーリーの中に歌があるのって、すごく力を持つってことなんだろうなと思いましたね。

──それは昔の青春ドラマも、そうだったと思いますよ。ドラマの中の歌の力は、二倍にも三倍にもなって記憶に焼き付きますから。

中村:ああ、確かにね。俺も急に(ドラマの中で)「ふれあい」を歌ったりしてたからね。

──今回も期待してしまいました(笑)。「ふれあい」歌ってくれないかなって。

中村:それをやると、役と自分を混同してると思われちゃう(笑)。でも不思議だったのは、鈴愛がまだ子役の子だった時に、テレビのベストテン番組をよく観てるという設定で、もんた&ブラザーズが「ダンシング・オールナイト」を歌ってる回があったの。あの頃は俺も「恋人も濡れる街角」でベストテン番組に出てたなあとか思って、不思議な気持ちになりましたね。

──劇中歌といえば、舞台『ローリング・ソング』のほうでも「あゝ青春」を歌われましたよね。

中村:そうなんですよ。作・演出の鴻上尚史さんが、どうしてもあの歌を俺に歌わせたかったらしくて。あの舞台は、「あゝ青春」以外は全部オリジナル曲だから、なんで?って最初は思ってた。舞台を観れば、理由はわかるんだけどね。実は以前、GOING UNDER GROUNDのボーカルの松本(素生)くんが「コスモス」という歌を俺に作ってくれたんですよ(※シングル/2007年)。その時にNHKの音楽番組に一緒に出て、「あゝ青春」を歌ったことがあったんです。偶然なんですが、今回の舞台の音楽監督がGOING UNDER GROUNDの元ドラムスの河野(丈洋)くんだった。彼もとてもいい曲を書くんだよね。そんなつながりもあって今回舞台で「あゝ青春」を歌うことになって感慨深かったですよ。

──面白いです。そんな繋がりがあるとは。

中村:それと、鴻上さんは俺より7つくらい下なんだけど、「あゝ青春」って、松田優作さんと二人で刑事ドラマをやった時の主題歌だったの。

──はい。『俺たちの勲章』。

中村:そうそう。たぶん鴻上少年は、四国の高校生だった頃にそれを観ていた、そういうのもあるんじゃないかな。舞台のストーリーとあの曲の詞の世界が本当にうまく合っていたなと思います。

──いろんなところで、今年は“歌手・中村雅俊”の存在感を、より知らしめた1年になっていると思います。

中村:ああ、そうだね。若い人なんか、「このおじさん、歌うんだ?」っていう。

──そういうことではないです!

中村:でもね、若い子たちは俺が歌ってる姿を見る機会はないと思うし。でも意外と若い子も、朝ドラ観てるよね。

──すごくいいきっかけでしたよ。

中村:本当だよね。おとといも、うちの犬を散歩させようと思って家の前にいたら、犬を連れた三十代くらいの女性が「あー、仙吉おじいちゃんだ!」って、大声で言われてびっくりしちゃった(笑)。だから、やっぱりすごいなと思いますね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス