ブリット・アワーズ、YouTubeで授賞式全編を公開

twitterツイート

英国最大級の音楽アワーズ<Brit Awards>は現在、水曜日(2月20日)にロンドンで開かれた授賞式の模様をYouTubeで公開している。

◆<Brit Awards 2019>画像、動画

セレモニーは、ヒュー・ジャックマンの「The Greatest Show」(映画『グレイテスト・ショーマン』より)のパフォーマンスで開幕。ジャックマンは本番前、レッド・カーペットでの取材で、オファーを受けたとき「話半ばでイエスって言ってた。自分がブリット・アワーズのオープニングを飾るなんて人生のどこかで考えたことあると思う? あるわけない」と、すぐに承諾したと明かし、「130人のダンサーがいるんだ。マッシヴだよ。家族が僕を見分けられるように、彼らには細かいインストラクションを渡してある」と話していた。

今年の<Brit Awards>では、ブリティッシュ・グループとサード『A Brief Inquiry Into Online Relationships』でアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞したThe 1975と、プロデューサー・オブ・ザ・イヤーおよび「One Kiss」で最優秀シングルに選ばれたカルヴィン・ハリスが最多の2部門を獲得。

カルヴィンは、ラグンボーン・マン、サム・スミス、デュア・リパを迎え「Giant」「Promises」「One Kiss」を、The 1975はミュージック・ビデオに登場した街並みを再現したステージで「Sincerity Is Scary」をパフォーマンスした。

セレモニーは功労賞を受賞したピンクの特別パフォーマンスで開幕。カリードから紹介を受けた彼女は、「ワオ、これは本当にビューティフル。ありがとう」「ザ・ビートルズ、デヴィッド・ボウイ、サー・エルトン、サー・ポール、ユーリズミックス、フリートフッド・マックと同じ賞を受賞するなんて、私の頭の中では処理不可能よ」「私が成功したのは、自分より優れている人たちに囲まれているから」と話し、英国のファンやメディア、スタッフらに感謝し、「エキサイティング!」と飛び上がって喜んだ。

Ako Suzuki



twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報