フェンダーが世界のアーティスト50組を全面サポートする新プログラム「FENDER NEXT」始動、King Gnu、HYUKOH、CHAIらが参加決定

ツイート

FENDER MUSICAL INSTRUMENTS CORPORATION(以下フェンダー)が、世界で活躍するアーティストをサポートする新プログラムとして「FENDER NEXT」を始動することを発表。国もジャンルも異なる50組のアーティストが参加するこのプログラムに、アジアからKing Gnu、HYUKOH、CHAI、リーガルリリー、Reiの5アーティストの参加が決定している。

FENDER NEXTは、多様な音楽を作り出す現代のアーティストをサポートすることで、世界の音楽マーケットをボーダレスに活性化することを目的とした、未来へ向けたフェンダーの新たな取り組みだ。

「音楽業界は、過去10年間で劇的に進化しました。アーティストと彼らの音楽ジャンルが多様化し、ギターの新しい使われ方が見出されたり、ストリーミングサービスのプラットフォームやソーシャルメディアが活用されたり、さらには自宅スタジオでのレコーディングがより手軽に行われるようになりました。」と語るのは、フェンダーのチーフマーケティングオフィサーを務めるエヴァン・ジョーンズ。 「いまギターはかつてないほど健全で、ジャンルを超えて多様化するアーティスト達によって、よりオリジナルな方法で使用されています。私たちの最近の調査では、初心者やギター志願者の50%は女性プレイヤーが占めています。」

「フェンダーブランドというのは、フェンダー製品を使用しているアーティストやプレイヤーから成り立っているようなものです。世界中の数え切れないほどのアルバムやステージで製品を使っていただいているグローバル企業として、私たちは今日の音楽を進化させ続けているアーティストと共に高みを目指し、そのパワーを増幅させるために、より深く長期にわたる支援をしていくべきだと考えたのです。私たちはマーケティングミックスのあらゆる側面でアーティストに投資し続けていますが、この新しいプログラムはギターを音楽と文化の最前線で活躍するアーティストのその情熱に対して継続的なコミットを深めていくことになるのです。」

フェンダーは1946年以来、プレイヤーが辿る音楽の旅路のあらゆるレベルのステージにおいてサービスを提供してきた。今回のプログラムでは、フェンダーの核を成してきたこのミッションに対して、改めて投資を開始することも意味している。FENDER NEXTのアーティストは、世界の舞台でパフォーマンスするためのサポートや最新製品を試用できる機会を得られることに加え、フェンダーが運営するオウンドメディアやSNSなどで積極的に取り上げられる予定。FENDER NEXTでは今後もリーチを拡大するため、現在の、そして未来のグローバルアーティストをサポートし、国もジャンルも超えた音楽の可能性が広がるような取り組みを継続的に進めていくとしている。

2019年のFENDER NEXT第一弾として世界から50アーティストの参加が決定。アシュリー・マクブライド(アメリカ)、ボーイ・パブロ(ノルウェー)、コーシャス・クレイ(アメリカ)、FKJ(フランス)、FIDLAR (アメリカ)、Japanese Breakfast(アメリカ)、キング・プリンセス(アメリカ)、ラーキン・ポー(アメリカ)、メラニー・フェイ(アメリカ)、フィービー・ブリッジャーズ(アメリカ)、トム・ミッシュ(イギリス)、サム・フェンダー(イギリス)、タッシュ・スルタナ(オーストラリア)、Wallows(アメリカ)など多種多様な顔ぶれが揃った。アジアからの参加は5組。日本からは1月にメジャーデビューを果たした4人組バンドKing Gnu、双子のマナ・カナを擁する4人組バンドCHAI、東京出身ガールズ・スリーピースバンドのリーガルリリー、兵庫出身のシンガーソングライターReiが、韓国からはHYUKOHが名を連ねている。


▲King Gnu

▲CHAI

▲リーガルリリー

▲Rei

▲HYUKOH

「アーティストは私たちのすべての活動の中心的存在であり、私たちは70年以上にわたり彼らが創造するのに必要なツールを彼らに提供してきました。 」と、アーティストおよび統合マーケティング部門のヴァイス・プレジデントであるマット・ワッツは語る。「FENDER NEXTでは、カルチャーアイコンとも言えるような大物アーティストからアップカミングで新鮮なアーティストまで、本プログラムを通じてアーティストへの直接支援をすることで、彼らとより深い本物の関係性を築き上げたいと思います。FENDER NEXTがハリウッドやナッシュビルから東京、ロンドン、シドニーなど、世界中のステージやスタジオで音楽を制作しているプレイヤーをどのようにしてサポートできるのか、私たちは本当に楽しみにしています。」

FENDER NEXTの第一弾プロジェクトとして、2019年3月14日から15日にかけて、アメリカ合衆国テキサス州オースティンにて行われる、<SXSW(サウスバイサウスウェスト)>でTHE FENDER NEXT HOUSEが開催される。来場者はFENDER NEXTアーティストによるトークショーやプライベートライブを始め、さまざまなアクティビティに参加することが可能。 また、現地にはフェンダー公式の技術者がおり、THE FENDER NEXT HOUSEの来場者も先着順で自身のフェンダー製ギターやベースなどのセットアップを受けることもできる。 SXSWを皮切りに今後も世界のさまざまな音楽フェスティバルやライブイベントで、さまざまなアクティビティを予定している。
この記事をツイート

この記事の関連情報