【インタビュー】シキドロップ、日本のポップ・シーンに残る新たな1ページを刻むデビュー・ミニ・アルバム『シキハメグル』

twitterツイート

その物語は、二人の男が体験したそれぞれの「挫折」から始まった。期待の若手俳優として「トッキュウジャー」「テニスの王子様」などに出演しながら、音楽家として活動してきた平牧仁。片や、YouTubeにJ-POPの投稿を続け、カバー曲の年間再生動画ランキング1位を獲るほど、美しく澄んだ歌声で人気を集めた宇野悠人。音楽を続けるかどうかの瀬戸際で出会った二人は、やがて「シキドロップ」と名乗って共に音楽を作り始める――。結成からデビュー・ミニ・アルバム『シキハメグル』のリリースまで、およそ2年に及ぶシキドロップの物語。日本のポップ・シーンに残る新たな1ページを刻むかもしれない、その序章を二人が語る。

■僕が中身を作ると悠人が今っぽく外側を作ってくれる
■言葉やアレンジの案も出すけど悠人のジャッジのほうが正しかったりする


――なぜこの二人が出会ったのか。その話から始めましょう。

平牧仁(以下、平牧):2017年の4月くらいに出会ってるんですけど、すぐに結成したわけではなく、2、3か月やりとりする時間がありました。「おぼろ桜」という曲がその期間に生まれるんですけど、それを悠人に歌ってもらったのがきっかけで「じゃあユニット組もうか」ということになったのが、7月くらいだよね?

宇野悠人(以下、宇野):うん。僕は社会人の1年目で、サラリーマンをやっていました。一回音楽に踏ん切りをつけて、就職したんで。その後もいろんな人からメールが来て、全部スルーしてたんですけど、これはちょっと面白そうだなと思って飲みに行った。そこからの仲です。

――「この人は何か違うぞ」と?

宇野:というか、単純に、トッキュウジャーを僕のいとこが知っていて、僕も一回見たことがあるから。会ってみようと思ったんですよ。興味本位で。

平牧:出てて良かった(笑)。

宇野:いろいろ調べたら、「ボーカルを探してるんだな」ということはわかった。でも僕はそんなつもりないから、その話が出たらきっぱり断ろうと思ったんですけど、一切出てこなかったから。しかもその時、僕はスーツ姿で、「この人やる気ないんだ」と悟っただろうなって、僕は思っていました。

平牧:悠人は夢に踏ん切りをつけた時期でしたし、僕は人生の大きな挫折に当たって、人に対して一歩踏み込めないような時期だったので。精神的に憶病になっていたし、もう一回音楽をやりたいか?という確信が持てなかったんですよ。そんな時期に悠人と出会って、この縁をどうにかしたいと思って、とりあえずご飯を食べに行ったんですけど。生産性のある会話は一切せず、普通に飲み食いしただけです。

宇野:予定していたライブが何本かあったんだよね。

平牧:そう。それは他のボーカルを立てて、なんとかクリアするんだけど。それとは別に、僕が音楽を担当した「昆虫戦士コンチュウジャー」という音楽舞台があって、その主題歌を作るために、ボーカリストが必要だったんですよ。単発の企画だったらどうかな?と思って、悠人に話を投げて、それが初めて一緒に作る曲になるわけですけど。それが5月、6月くらいかな。

宇野:当時、ライブが大嫌いだったんですよ。だから動画投稿していたようなものなんですけど、こっちは完成されたものじゃないと嫌なのに、みんなはライブの未完成なところを面白がる、そのギャップがすごく嫌だったから。ただその話は、僕が舞台に立つわけじゃないから、いいなと思って引き受けたんですね。それで一回やったら、意外と面白くなって、久々に歌う楽しみを思い出しちゃった。さらに何回か飲みに行くようになった頃、「おぼろ桜」を聴かせてもらったんですよ。これはいい曲だね、じゃあコラボという形で動画を出そうということになって、そこからですね。だから最初に動画投稿した時は、シキドロップという名前もないし、組もうとも思っていない時だったんですよ。


――面白いなあ。そもそも仁さんが悠人くんをYouTubeで見て気に入ったのって、声が良かったからですか。

平牧:そうです。悠人みたいな声、好きなんですよ。少年性がある声で、こういう人と組みたいなと思ったので。

――悠人くん、何でも歌っちゃうでしょ。RADWIMPSもいきものがかりも、スピッツもユーミンも。

宇野:いろいろ聴いていただいて(笑)。僕はジャンルが幅広い人で、歌を歌うのが好きなだけなんですよ。好きじゃないものもありますけど、YouTubeでは好きな歌しか歌ってないです。

――そのあたりのJ-POPが、音楽のルーツなのかな。

宇野:いや、全然違います。最初は親の影響でマイケル・ジャクソンが好きになって、そこからたどって、久保田利伸さんがすごく好きだったんですよ。ただ、久保田利伸を僕は歌えないなと思って、好きな音楽よりも合ってる音楽をやって、みんなに評価されるほうが面白いということですね。ああいう歌はもちろん好きなんですけど、基本的にはみんなが求めているものをYouTubeにアップするという感じでした。

――片や、仁さんの音楽的ルーツというと。

平牧:3歳からエレクトーンをやっていて、月刊エレクトーンという雑誌に載っていた、当時のトップ10ヒットの楽譜をひたすら毎日弾いてました。ルーツと言うと、誰というよりもそういうポップスですね。今でも、たいていのJ-POPは一回聴いたら弾けたりするのも、そういう経験があったからだと思います。それ以外にルーツになったものというと、鬼束ちひろさんを聴いた時に、初めて歌詞を読みながら音楽を聴くことに目覚めたんですね。それまでは歌詞を気にしてなかったんですけど、鬼束さんを聴いてすごい感動して、価値観が変わりました。言葉を届けたいという思いが強くなって、BUMP OF CHICKENとかロック系を好きになって、ブルーハーツ、尾崎豊を通ったり、聴くものが全然変わりました。

――この二人、ちょっと年齢差があるけれど。

宇野:ちょっとどころじゃないかもしれない。

平牧:小学校、かぶってないから(笑)。

――年齢や聴いてるものは違うけど、どこかに共通点があった。

宇野:というよりは、全然違うものだから面白いんですね。その観点で言うと、僕は歌詞よりも雰囲気で聴く、曲で聴く人間なので。いいとこ取りというか、僕にないものを持っているという。

平牧:だから、ぶつからないんですよ。僕が中身を作ると、悠人が今っぽく外側を作ってくれる。僕は言葉のチョイスとか、アレンジの案も出しますけど、最終的には悠人のジャッジのほうが正しかったりするので。そこは助かりますね。

――作詞作曲とピアノが平牧仁、歌が宇野悠人という分業スタイルですか。

宇野:今のところ、そうです。

平牧:決めてやったわけじゃないんですけど、そうなっちゃった。

宇野:作って来る曲が良いんですよ。だけど百発百中じゃないというか、自分で言うのも何ですけど、僕はそこを見極めるのが得意なんですよ。だから一回僕のフィルターを通して、僕らに合ってるものをチョイスして。

平牧:この年齢差が、幅になればいいと思うんですね。僕の世界観が刺さる層もいれば、悠人の感覚が加わって、もっと若い層にも刺さるサウンドになっていると思うし、それがほかにはない特徴や武器になっていくんだなって、これ(アルバム)を作って思いました。

――そして去年の11月のワンマン・ライブ。渋谷duoがソールド・アウトになって、CDも出していないのに、すごいなと。

宇野:あれはすごかったです。CDも出てないのに、あんなにお客さんが来てくれて、いい曲だなって思いながら聴いてくれるなんて。でもそれも、お互いがソロでやっていた時の…。

平牧:ファースト・ライブという、ご祝儀的なものもあったでしょうけど、一番はドラマ性が勝ったのかなと思っています。悠人のストーリーと、僕のストーリーと、二人が組んだ面白さがああいう動員に結びついたと思うので、本番はこのあとだと思っています。そもそもあの時は、先のことを全く考えずに、「ユニット結成発表と同時にワンマン発表って面白くない?」とか言って、ガワだけ決めて発表しちゃった。

宇野:その時は普通に働いていたし、事務所に入る気もなかったし、お遊びで考えた話なので。計画性があったわけではないです。

平牧:僕ら、後付けのプロだと思っているんですけど(笑)。ワンマンのタイトルを決める時も、シキドロップをもじって「シキハメグル」にしようかって、思い付きで決めちゃったんですよ。それがまさかアルバムのタイトルになるとは思わずに。当時は、四季の歌を作るとは決めてなかったし。僕にしても、前の相方と一緒にやった最後のライブがduoだったので、そこから再出発するという意味が「シキハメグル」というタイトルに繋がっていたり、自分でもすごく面白いです。後付けのプロですね。

――そもそも、ユニット名が何でシキドロップに?

宇野:それも言っちゃえば後付けのプロなんですけど(笑)。候補が二つあって、そのうち一つが「シキ」だったんですけど、「シキなんとか」のほうがいいと思ったんですよね。ただ日本の文化を強調するんじゃなくて、違うものの中に日本の要素がちょっと入ることがかっこいいと思うので。何かいい名前ないかなって、風呂に入って考えてたら、シキ、シキ…シキドロップって出てきた。

平牧:そこからも後付けのプロで(笑)。僕はずっと「さよなら」をテーマに曲を作ってきたんですけど、四季は巡るもので、終わることが永遠にないじゃないですか。たとえば桜は咲いて散ってしまうけれど、来年また違う桜として蘇る。だから四季=シキがいいと思ったんですけど、そこに悠人がドロップをつけてくれたことで、四季折々のものを混ぜて一粒にするという意味合いになった。

宇野:でもそれは、元々彼の中にあったものだから。かっこよく言えば、僕はそれを汲み取っただけで。そういうことがすごく多いんだよね。

平牧:僕は頭でっかちというか、いろいろ考えながら日々を暮らしているので。そこに何かの拍子で穴が開いた時に出て来る言葉があって。「シキハメグル」という言葉も、たぶん元々内在していて、たまたま繋がったということかな?と思います。

宇野:たまたまなんだけど、たまたまじゃなさそう、みたいな。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報