Woodstock 50、開催中止に

ツイート


数ヶ月前から開催危機が報じられ、この1週間で出演を取り止めるアーティストが続出していたウッドストック・フェスティバル50周年記念イベント<Woodstock 50>が、水曜日(7月31日)、開催中止を正式に発表した。

◆<Woodstock 50>画像

1969年に開かれたオリジナルのウッドストック・フェスティバルの主催者の1人で、<Woodstock 50>を企画したマイケル・ラング氏は、「一連の予期せぬ障壁によりフェスティバル開催が不可能となったことを悲しく思っている」との声明を出し、中止を告知したという。

<Woodstock 50>は8月16~18日ニューヨーク州ワトキンズ・グレンで開催されるはずで、3月、ザ・キラーズ(1日目)、デッド&カンパニー(2日目)、ジェイ・Z(3日目)のヘッドライナーをはじめ、サンタナ、ロバート・プラント、ジョン・フォガティ、ザ・ラカンターズ、チャンス・ザ・ラッパー、イマジン・ドラゴンズ、マイリー・サイラス、ザ・ブラック・キーズらの出演が発表された。

しかし、翌月には、ウッドストックの名に相応しいイベントが実行できるとも、アーティストや観客の衛生安全が確約できるとも思えないと、投資家のDentsu Aegis Networkが関与を停止。プロダクション会社も手を引き、混迷を極めた。

チケットは最後まで発売されていなかった。

Ako Suzuki



この記事をツイート

この記事の関連情報