全英アルバム・チャート、ラナ・デル・レイが初登場1位

ツイート
Photo by Pamela Cochrane

今週のUKアルバム・チャートは、ラナ・デル・レイの6枚目のスタジオ・アルバム『Norman Fucking Rockwell』が初登場で1位を獲得した。セカンド『Born To Die』(2012年)、サード『Ultraviolence』(2014年)、前作『Lust For Life』(2017年)に次ぐ4枚目の全英No.1となった。

◆ラナ・デル・レイ画像

2位は変わらず、エド・シーランの『No.6 Collaborations Project』がキープ。先週トップだったテイラー・スウィフトの『Lover』は3位に後退した。

今週は新たに5作品がトップ10入りしており、ラナほか、トゥールの13年ぶりの新作『Fear Inoculum』が4位、カサビアンのセルジオ・ピッツォーノ(G)のソロ・プロジェクトThe S.L.P.のデビュー作『The S.L.P.』が7位、ラッパーKanoの『Hoodies All Summer』が8位、シェリル・クロウの『Threads』が10位にチャート・インした。

また、リリース25周年を記念しリイッシューされたオアシスの『Definitely Maybe』が56位から6位に再浮上している。





シングル・チャートのトップ2は先週と変わらず、エド・シーランとストームジーの「Take Me Back To London」が1位、カイゴとホイットニー・ヒューストンの「Higher Love」が2位をキープし、マンチェスター出身のラッパーAITCHの「Taste (Make It Shake)」が6位から3位に浮上した。

アルバム・チャートと違い、動きが小さかった今週、新たにトップ10入りしたのは、AITCHをフィーチャーした英国のラップ・デュオYoung T & Bugseyの「Strike A Pose」(10位)のみだった。人気上昇中のAITCHは、シーランの「Take Me Back To London」のリミックスでもフィーチャーされている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報