【インタビュー】SAY-LA、武道館ワンマンという夢に向かって突き進む3000年に一度の正統派アイドル

ツイート

3000年に一度の正統派アイドルというコンセプトを掲げ2014年から活動をスタートさせたアイドルグループSAY-LA。上海や台湾、香港、タイなどでもライブ活動を行うなど、その人気は今や日本国内にとどまらない勢いだ。そんな彼女達が、今年8月に4thシングル「正統派の夏が来る」をリリース。レコーディングやMV撮影の現場を振り返りながら、個性豊かなエピソードを聞かせてくれた。

■真夏の日差しの強さよりもアツい気持ちで前を向いて頑張ろう
■みんなの背中を押せるような歌詞になっています


――リリースから少し時間が経ってしまいましたが、SAY-LAの最新曲「正統派の夏が来る」について聞かせてください。

森のんの:私たちは3000年に一度の正統派アイドルをコンセプトに活動しているので、楽曲も可愛らしい正統派なものが多いんですね。今回の新曲ももちろん正統派なミュージックです。歌詞はすごくポジティブで、この真夏の日差しの強さよりもアツい気持ちで前を向いて頑張ろう!っていう、みんなの背中を押せるような歌詞になっています。


▲「正統派の夏が来る」【A-type IGET-009】


▲「正統派の夏が来る」【B-type IGET-010】


▲「正統派の夏が来る」【C-type IGET-011】

――まさに、暑過ぎた今年の夏にぴったりな楽曲ですね。

藤沢泉美:本当に、暑過ぎました(笑)。

森のんの:今年は野外のフェスやイベントで歌う機会も多かったんですが、この曲は「Fly so high!」とか「Hey!」とかみんなの掛け声で盛り上がれる部分もたくさんあるんですよ。本当にものすごく暑かったけど(笑)、この夏にぴったりの曲を披露することができました。

――では、この曲のポイントとなるところや魅力を教えてもらえますか?

藤沢泉美:実はこの曲、初めて私が振り付けを担当したんですよ。夏曲だから振り付けの部分でもみんなで一緒に盛り上がれて、振りコピもしやすいようにと心がけました。サビは特に夏らしく弾けるようなイメージなので、個人的にはそこがポイントかなと思っています。振り付けは前からやってみたいなと思っていたので、今回挑戦してみました。

森のんの:私はライブでみんなを盛り上げる煽りを担当しているんですが、やっぱり新しい曲はいつも、発表してすぐの時にはみんな手探りな感じがあるんですね。でもこの曲はもう完璧!みんなすごく楽しんでくれていますよ。


▲森のんの

――ちなみに、地域によって盛り上がり方の違いがあったりもしますか?

藤沢泉美:私達今年の7月にタイでワンマンライブをやったんですが、日本の3倍くらいの盛り上がりでびっくりしました(笑)。お客さんの勢いというか迫力がすごかったですよ。

――なるほど、日本の皆さんも負けていられないですね!では続いて、瑠理さんから。

天原瑠理:SAY-LAにとって季節ものの曲は初めてなんです。夏にこういう夏の曲を歌えるのは私達もテンションが上がるし、毎年夏には思い出して聴いてほしいなって思います。あ、でも冬にも聴いてください(笑)!

沙藤まなか:私は、この曲の歌詞に励まされているんです。私はSAY-LAに加入してから、上手くパフォーマンスができなかった時なんかはすごく落ち込むことがあるんですね。SAY-LAの曲はポジティブな歌詞が多いんですが、特にこの曲の「上手くいかないとき 打ちのめされたとき それが強くなれるときだから」という歌詞はグッと来ました。そういう時にも諦めずに頑張っていれば、ファンの人もしっかり見てくれて応えてくれるんだなって、ワンマンライブの時に感じることができたんです。その時の気持ちを思い出しながら、いつも歌っています。

清水亜夢:私は、最後のサビのところで急に雄叫びをあげます。そこがポイントです。

――“雄叫び”!?

清水亜夢:雄叫びじゃなくてなんだっけ?あ、フェイクです(笑)!今回初めてやってみたんですが、頑張っているのでそこが注目してほしいところです。

森のんの:あれはもう、亜夢ちゃんにしか任せられないね。

藤沢泉美:うん、うん。


▲藤沢泉美

――頼もしいですね!では、しほさん。

咲山しほ:今回のMVは千葉の海の近くにあるスタジオで撮影したんですが、すごく綺麗なロケーションだったのでぜひじっくり見てほしいなと思います。

天原瑠理:すごくオシャレな場所だった。

咲山しほ:スイカを食べたり、ボーリングしたり。

藤沢泉美:ボーリングじゃないよ(笑)。浮き輪とかビーチボールとかだね。

沙藤まなか:本気で遊んでいるシーンでは、私、ものすごく素の表情になってました(笑)。

清水亜夢:楽しかった。

森のんの:今回、ドローンを使って上空から撮影したりもしているんですよ。そういうところも今までにない感じで、レベルアップした内容になっています。

藤沢泉美:しっかり歌って踊る部分と、素の私達の表情の両方が見てもらえると思うし、グループとしての個性や仲の良さみたいなところも出せたかなと思います。見どころいっぱいなので、ぜひ見てみてください。

――では、レコーディングについても聞かせてもらえますか?

森のんの:私はいつも緊張して胃が痛くなるんですが、今回もそうでした(笑)。時間がかかってしまうので、私はいつも一番最後にレコーディングしているんですよ。上手く歌えなかったらどうしようっていうのもあるし、私はもともと声が高くて低いところが出にくいから、難しいなあって思いながら歌いました。

藤沢泉美:そういえば今回、新しくできた自社スタジオで録ったんですよ。これまではいろんな場所でレコーディングしていたんですが、いつも行っている事務所のスタジオということもあって、よく知っている場所だから落ち着き感はありましたね。


▲天原瑠理

天原瑠理:私は「Fly so high」の発音がダメだったらしくて、何回もやり直したっていう思い出があります(笑)。でも今回は割とテンション高めでいけたねって言われました。そこはよかったかな(笑)。

沙藤まなか:でも私も、言葉に感情が乗りづらいというか。歌詞を読んで「こういうことなんだ」っていろんなことを感じるんだけど、それを歌で表現できないから、すごく難しいなと思いながら歌いました。ボイトレの先生に教わったことを思い出しながら、イメージもいっぱい湧くように譜面に絵を描いたりして。歌詞に合わせて、「夏は暑いもの」のところだったら汗をかいている人の絵を描いたりして、イメージしながら歌いました(笑)。

――オリジナリティー溢れるレコーディングスタイルですね!亜夢さん、しほさんはどうでした?

清水亜夢:いつも全員それぞれが全部を歌った後に歌詞割りが決まるんですが、さっき話したフェイクの部分は誰が歌うことになるんやろって思っていたんですね。そしたら「亜夢だよ」って言われて、そこだけめっちゃ録り直しました(笑)。レコーディングの時は、その感覚みたいなものが全然掴めなかったんですよ。でもあれからライブなどで回を重ねていくごとに上手くなっている気がするので、ぜひ最高のフェイクを聴きにライブに来てもらいたいなって思います。

咲山しほ:レコーディングは毎回録る順番が決まっているんですね。私はいつも声出しをしようと思って早めに行くんですが、この日は2時間前くらいに着いてしまって。で、私が声出しをしていたらいずみんさんもちょうどいらっしゃって、2人でやってたんです。そしたら隣の家の人に怒られました(笑)。


――(一同爆笑)。

藤沢泉美:そうだったね(笑)。

咲山しほ:どんどん気分が良くなって、大きな声で声出ししていたもので(笑)。

藤沢泉美:遠くの犬も吠えてたよ(笑)。だからもう、あれからはしてないよね。

咲山しほ:はい、もうあそこでは出来ません(笑)。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報