くるり、『ジョゼと虎と魚たち』サウンドトラックが16年の時を経てLPでリリース

ツイート

くるりが2003年に発表したオリジナルサウンドトラック『ジョゼと虎と魚たち』が、11月3日にLPとしてリリースされることが決まった。

映画『ジョゼと虎と魚たち』は、田辺聖子原作、犬童一心監督、妻夫木聡&池脇千鶴主演で制作され、2003年11月に公開。くるりが初めて劇伴を担当した映画作品でもある。公開から16年、韓国でのリメイクを発端にアナログ化の要望が挙がり、その要望に応えて「レコードの日」でもある 11月3日にリリースされる。


今作には、「ハイウェイ<Alternative>」「飴色の部屋」を含む計9曲を収録。アナログ化にあたり、くるりの多くの作品を手がけている、小鐡徹がカッティングを担当した。

リリース情報

くるり LP『ジョゼと虎と魚たち』
2019年11月3日発売
(LP)NJS-738/\3,500+税
収録曲
SIDE A
1. ジョゼのテーマ
2. 乳母車
3. 別れ
4. サガン
5. 飴色の部屋
SIDE B
1. ドライブ
2. ジョゼのテーマII
3. 恒夫とジョゼ
4. ハイウェイ<Alternative>
予約はこちら:https://www.hmv.co.jp/product/detail/10318351
この記事をツイート

この記事の関連情報