YOSHIKI、サラ・ブライトマンのワールドツアー最終公演で「Miracle」披露

ツイート

YOSHIKIが 11月11日(現地時間)、 ロンドン「ロイヤル・アルバート・ホール」で行われた、 サラ・ブライトマンのワールドツアー<HYMN Sarah Bright man In Concert>の最終公演に出演し、自身が作詞作曲した「Miracle」でサラと共演した。

◆コンサート 画像

幻想的なライティングとスモークにより崇高な雰囲気が醸し出されたステージのなか、「インターナショナル・ロックスター」と紹介されYOSHIKIが登場。「Miracle」の演奏が始まると、会場は一気に荘厳な空気に包まれた。神々しさを携えたYOSHIKIのピアノの音色とサラの歌声に、観客たちは演奏が終わるや否や割れんばかりの拍手と歓声を二人に送り続け、スタンディング・オベーションとなった。また、 フィナーレではYOSHIKIがニューヨーク公演以来のカーテンコールにも登場し、さらに会場を沸かせた。

会場となったロイヤル・アルバート・ホール」は、「ロンドン最高峰」と謳われる由緒ある劇場。1871年の開場以来、伝説的な公演が数々生まれたが、今回のYOSHIKIとサラ・ブライトマンの共演もその音楽史に刻まれる事となった。

YOSHIKIはこの最終公演以外にも、昨年9月のドイツ公演を皮切りに、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、日本と、サラのワールドツアーに出演した。YOSHIKIとサラの繋がりは深く、2018年にサラが全世界リリースしたアルバム『HYMN~永遠(とわ)の讃歌』を制作する過程でコラボの話が浮上し、YOSHIKIが「Miracle」を提供した。この楽曲は世界15 カ国のiTunesクラシカルチャートのトップ10にランクインした。そして2018年12月にはサラが、東京国際フォーラムで行われた<YOSHIKI CLASSICAL 2018>の初日公演にゲスト出演している。


◆YOSHIKI オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報