レッドブルによる64小節のヒップホップ映像シリーズ第2弾、日本を代表する9名のMCと9名のトラックメイカー&ANARCHYがキュレーション担当

ツイート

レッドブルによる64小節のヒップホップ映像シリーズ第2弾<RED BULL MUSIC Presents 64 BARS -Season2->が公開、2019年11月22日から毎週3組ずつ、全9エビソードをレッドブルのウェブサイトおよびYouTubeにて無料で視聴できる。

「64 BARS」はキュレーターが選んだラッパーが、同じくキュレーターが選んだトラックメイカー/プロデューサーのオリジナルトラックで、文字通り“64小節”のラップをレコーディングし、その模様をワンカット(一発撮り)の映像に収めるというもの。

日本語ラップのパイオニアZeebraを迎えたシーズン1に続き、シーズン2ではANARCHYがキュレーターとなり、自身を含む9人のラッパーと9人のトラックメイカーをセレクトした。ベテランからフレッシュなニューカマーまで、世代も幅広く、地元も普段の活動フィールドも様々な、多種多様な面々が揃った。

ラッパーたちが64小節のラップをいかに書き上げ、そのラップをどのようにパフォームしていくのか? ストレートでスリリングな映像作品をご覧いただきたい。

<RED BULL MUSIC Presents 64 BARS -Season2->公開日&参加アーティスト

■11月22日(金)
CHINZA DOPENESS × YamieZimmer
SANTAWORLDVIEW × RIKI
RINO LATINA II × Chaki Zulu

■11月29日(金)
Leon Fanourakis × MURVSAKI
SMITH-CN × K.A.N.T.A
MILES WORD × lisachris from Elto Klinhertz

■12月6日(金)
WILYWNKA × tofubeats
JNKMN × U.C.M
ANARCHY × LostFace

◆<RED BULL MUSIC Presents 64 BARS -Season2-> オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報