フェンダーからエフェクトペダル新製品、プレイの幅を広げるチューブトレモロ「MTG Tube Tremolo」

ツイート

Fender Musical Instruments Corporation(以下フェンダー)が、米カリフォルニア州アナハイムのNAMM 2020で、エフェクトペダルの新製品を発表。チューブトレモロエフェクトペダル「MTG Tube Tremolo」が登場した。

エフェクトペダル市場に本格参入した2018年より急速にラインナップを拡充してきたフェンダー。2020年新たに投入されるのは、チューブトレモロエフェクトという、フェンダーのサウンドキャラクターを継承するユニークなペダルだ。

フェンダーのペダルエキスパートたちとブルース・エグネーターとの共同開発によりデザインされた「MTG Tube Tremolo」は、フェンダーが長年培ってきたチューブアンプテクノロジーをコンパクトペダルの筐体に反映させた製品。ヴィンテージアンプに装備されている催眠的なトレモロサウンドを、コンパクトペダルで実現している。

米国製のNOS(ニューオールドストック)6505プリアンプ真空管を内蔵し、リアルなチューブトレモロを再現。レベルとインテンシティ、スピードコントロールが可能で、3種類のオシレーター波形、そしてさまざまな音のサブディビジョンへのアサインが可能なタップテンポ専用のフットスイッチを装備している。国内での販売時期・価格は未定。

「この度発表した新製品は、フェンダーが近年注力しているEffects Pedalsラインナップを、フェンダーが得意とする真空管のテクノロジーで発展させたアイテムです。」と語るのは、フェンダーのアクセサリー製品開発担当のリチャード・バッシー。「MTG Tube Tremoloペダルは、フェンダーならではのリッチなトーンのチューブトレモロエフェクトを実現します。」

この記事をツイート

この記事の関連情報