【インタビュー】TETORAの成長と頑張る理由

ツイート

■好きなことを、一生懸命やる

──「これからも」は2ビートのパンクチューン。短い曲の方が好きなんですか?

上野:どうなんでしょう?構成がシンプルだからですかね。あんまり気にしてないんです、短いとか長いとか。気付いたら短くなってました(笑)。これは、バンドを始めた頃を思い出して作りました。バンドを始めたときって私の中ですごく大事で、化学反応が起きて何かができたと思っているんですけど、それを続けたかったら、このままじゃダメだなということもわかっているので、“サラバ あの頃よ”って歌っています。永遠にロックバンド大好きな気持ちでいたい、みたいな感じです。

──その衝動を持ち続けるには、何が必要だと思いますか。

上野:好きなことを、一生懸命やる。ただそれだけな気がします。

──この曲は、ライブで盛り上がりそうな曲ですね。

いのり:「たぶん、ライブでテンション上がってるんやろうな」ってイメージして、ベースのフレーズを作りました。

ミユキ:すごく速くて楽しめるようなビートで叩いているので、私も結構ライブで演奏してるときのことを想像します。

上野:楽器の演奏も含めて、完成したときは「これやー!」って思うんですけど、だんだん、「これで大丈夫かな?」ってめっちゃ不安にもなるんです。それで、リリースされてライブで演奏して、お客さんが「この曲、めっちゃ好きや!」みたいな顔をするのを見たら、「あ、これで良かった」って思います。

──「どうせ」はシンバルのカウントから、ベースが裏メロ的にすごく動いてますし、リズム隊が目立つ演奏になっていますね。演奏が激しくても歌がちゃんと立っているのが、TETORAの特徴な気がします。

ミユキ:歌詞が好きやからこそ、邪魔をしないようにしようっていう、出るところは出て引くところは引くというのを大事にしたいなと思っています。

▲ミユキ(Dr)

──ところで、3人は音楽以外に好きなことや興味があることってないですか?

いのり:ないです。

ミユキ:私もないです。

上野:私も、音楽が一番上手くいかなかったから、一番楽しかったし、音楽は辞めたらあかんと思いました。他はやってても退屈だったんですけど、音楽は、難しいんですよ。今は弾けるんですけど、Fコードが弾けへんとか、Bコードが弾けへんとか、できないことに出会う数が一番多くて。ライブが上手いことできひんとか、歌詞覚えられへんとか。それが一番ワクワクします。

──この取材は、「あれから」がリリースされて数日後に行っているわけですが、今はどんな気持ちですか?

上野:う〜ん、2月9日からツアーが始まるので、とりあえず新曲やるのはめっちゃ不安です(笑)。「知らん顔」はミュージックビデオが出ていますけど、他の曲はCDを買ってくれた人たちしか知らないので。わざわざ買ってくれた人たちが、どう思ってるんやろう?って、不安になりますね。ツアーが始まってから、お客さんの反応を見てこれで良かったかどうかは判断します(笑)。

──今回のリリースツアーはどんなものになっていますか?

上野:前回は、私たちが全部主役としてライブをやらせてもらったんですけど、今回は色んなバンドの大事な日にTETORAをレコ発名義で混ぜてもらって、ライブをやります。

──ツアーファイナルは5月17日大阪・梅田CLUB QUATTROで行われますが、初のワンマンライブに向けての思いを教えてください。

ミユキ:自分たちだけしかいないライブというのが初めてなので、まだ想像がつかないですね。

いのり:自分がカッコイイと思ってる先輩がクアトロのステージに立っていたし、自分がそこに立つというのはまだ想像できないんですけど、いつも通りにカッコよくバチバチにいきたいと思います。

上野:まだ今なら「ごめん、嘘やったわ〜」って言われても、「ああ、そうやんな?」って言える感じではあります(笑)。お客さんがそんなに来てくれへんかったらどうしようとか思いますけど、ライブやるのってお客さんが何人いるかとか関係ないと思っているので。一生懸命できることはやりたいです。でも、やっぱりお客さんはたくさん来てもらいたいです(笑)。一生懸命頑張ります!

取材・文◎岡本貴之

1st Single「あれから」

2020年2月5日(水)発売
¥1,200(税抜)
品番:OOR-002
POS:4589892487718
レーベル:Orange Owl Records
流通:ジャパンミュージックシステム

[収録曲]
1.知らん顔
2.これからも
3.どうせ
4.第二章

この記事をツイート

この記事の関連情報