ボン・ジョヴィ、新作ジャケ写のインスピレーションはジョン・F・ケネディ

ツイート

ボン・ジョヴィが5月にリリースするニュー・アルバム『Bon Jovi 2020』のカバーでは、星条旗が写り込むサングラスをかけたジョン・ボン・ジョヴィの姿をフィーチャーしているが、これはジョン・F・ケネディ元米大統領の写真にインスパイアされ誕生したものだという。

◆『Bon Jovi 2020』画像

ジョンは今週、オフィシャル・サイト(Bonjovi.com)にこんなメッセージを掲載した。「Bon Jovi 2020のカバーのインスピレーションは、1962年8月にMichael Ochsが撮ったジョン・F・ケネディの写真だ。実際そうであった通り、そして比喩的にも、カリフォルニアの群衆のことを思案する大統領の姿が写し出されている。僕はこの写真を見たとき、大統領は何を考えていたのだろうと思った。このアルバムには社会的意識の高い曲がたくさんあるのと、このJFKの写真への称賛から、僕はフォトグラファーのClay McBrideにBon Jovi 2020のカバーのためにこの姿を捉えてくれるよう依頼したんだ」



ボン・ジョヴィの3年半ぶりの新作、通算15枚目のスタジオ・アルバム『Bon Jovi 2020』は5月15日にリリース予定。「Beautiful Drug」「Unbroken」「Limitless」「Luv Can」「Brothers In Arms」「Story Of Love」「Lower The Flag」「Let It Rain」「Shine」「Blood In The Water」の10曲を収録し、先週、「Limitless」がシングル・カットされた。

彼らはこの夏、ブライアン・アダムスと共に北米ツアーを開催する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報