震災から10年後…坂本龍一、後藤正文(Gotch)らによる<D2021>開催決定

ツイート


坂本龍一、後藤正文(Gotch)が中心となった総合イベント<D2021>が、2021年3月13日(土)・14日(日)の計2日間、日比谷公園にて開催されることが決定した。

<D2021>は震災(Disaster)から10年(Decade)という節目のタイミングで、様々な「D」をテーマとして展開されるイベント。不条理に対する抵抗の声(Demonstration)、民主主義(Democracy)を維持するムーブメントとなり、ダンス(Dance)や、対話(Dialogue)を通じて、社会の分断(Division)を乗り越えることを目指す。

また、同イベントは社会の別のあり方をデモンストレーション(Demonstration)する実験の場でもあり、且つ、主催者/参加者、アーティスト/観客という垣根を越え、多様性(Diversity)を尊重した人々の対話の場となることを目指している。

開催発表とあわせて公開されたメインビジュアルは、デザイナーのsemimarrowが担当。hamadawashiの土佐典具帖紙と、ネオンアーティストのwakuが制作したネオンを用いて復興の光を表現した。

また、<D2021>開催をおよそ1年前に控え、QJWebでの連載もスタートする。

▲坂本龍一(Photo by Zakkubalan)

▲後藤正文

<D2021>

開催日時:2021年3月13日(土)・14日(日)
場所:日比谷公園(日比谷公園アースガーデン“灯”内)
主催:D2021実行委員会
共催:アースガーデン/ピースオンアース

■『D2021』 QJWeb 連載
https://qjweb.jp/tag/d2021/

◆<D2021>オフィシャルサイト
◆<D2021>オフィシャルTwitter
◆<D2021>オフィシャル Instagram
◆<D2021>オフィシャルFacebook
この記事をツイート

この記事の関連情報