中学生ウクレレプレイヤー近藤利樹、『ねこねこ日本史』ED曲でラッパーASOBOiSMとコラボ

ツイート


現役中学生ウクレレプレイヤー近藤利樹が、テレビアニメ『ねこねこ日本史』の第5期エンディング主題歌「ねこじゃらそーかけるまほうひみこ」を担当することが発表された。

◆関連画像

『ねこねこ日本史』は、「卑弥呼」や「坂本龍馬」など、日本のさまざまな偉人が猫として大活躍するアニメだ。今回のエンディング主題歌は、近藤の光速プレイもさることながら、新鋭ラッパー“ASOBOiSM”によるラップとコラボレーション。ウクレレ演奏だけでなく、ラップにも初挑戦した中毒性の高いサウンドに仕上がった。また近藤は、ウクレレ演奏だけでなく、ラップにも初挑戦している。

▲ASOBOiSM

また、同アニメのオープニング主題歌は、次世代ガールズ・パフォーマンスグループ、Girls2が担当する。

  ◆  ◆  ◆

<近藤利樹コメント>
今回、エンディングを担当する初めて聞いた時は嬉しかったです!歴史はものすんごい苦手なんですけど、「ねこねこ日本史」なら、書いて覚えるよりは、僕的には楽しく覚えられる気がします(笑)
今回はウクレレだけじゃなくて、初めてラップにも挑戦しました!「ねこじゃらそー かけるまほう ひみこ!」
良かったら皆さんも一緒にラップしてみてください!

  ◆  ◆  ◆

■「ねこねこ日本史」ED主題歌「ねこじゃらそーかけるまほうひみこ」

アーティスト名:近藤利樹 feat. ASOBOiSM
(作詞:ASOBOiSM/作曲:ASOBOiSM & 近藤利樹/編曲:山本匠/コーラス:uta、そーすけ)
<放送日>
NHK Eテレ(天てれアニメ枠)にて、毎週水曜日午後6時45分から放送
※初回放送日
2020年4月8日(水) 午後6時45分〜
http://neco-neco.jp/

この記事をツイート

この記事の関連情報