バドワイザー、コロナ禍のアーティストの活動機会を支援するプロジェクト「RE:CONNECT」を発足

ツイート

バドワイザーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有な危機に直面している音楽・ファッション・アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CONNECT」を発足した。

本プロジェクトは、今春実施予定だったクロスカルチャーイベント<BUDX>や広告などのマーケティング活動をキャンセルし、その予算の一部、約2,000万円を寄付としてカルチャーシーンに還元。音楽プログラム配信やオンラインでのエキシビジョン開催など、様々なアプローチを通じて、アーティストが活動できる機会、また危機に瀕するライブハウス/クラブ、バーなどの活用機会を作り出していく。

「RE:CONNECT」プロジェクトは、バドワイザーがこのコロナ渦の状況下で「アーティスト、ファン、活動場所」をつなぎ直す活動だ。なお、プロジェクト詳細については、随時、バドワイザージャバンのオフィシャルSNS、プレスリリースにてアナウンスする。


新型コロナウイルス感染拡大に伴い、開催予定だった多くのライブなどが中止、または延期となった。2020年3月末に発表された調査結果によると、新型コロナによるイベントの中止や延期で生じた損失額は、1,750億円に上ると発表されている。これは、エンターテインメント業界の市場規模約9,000億円の2割にあたる金額で、今回の損失額はすでに東日本大震災後を超えたとも言われている。

「BEAKING」のメッセージを発信しているバドワイザーは、これまでも世界の主要都市において音楽、アート、ファッションなどのシーンで突出した才能を開花させている人物にスボットライトを当てるグローバルプロジェクト「BUDX」を開催し、世界各地のカルチャーシーンを牽引するリーダーたちの支援や、カルチャーを盛り上げる取り組みを多数行ってきた。


そこでこの度バドワイザーは、未曾有の危機に苦しむアーティストやライブハウス/クラブ、バーなどのエンタテインメント施設、ファンをつなぐことで、日本のカルチャーシーンの火を灯し続け、再生を目指す支援プロジェクト「RE:CONNECT」を発足させることにした。

本プロジェクトでは、次代のカルチャーシーンを担うアーティスト達をキュレーターとして起用。コロナ渦において、やむなく実現できなくなったイベントや、今だからこそできる新たなパフォーマンス、表現手法の実験の場として、オンラインでの音楽プログラム配信やコンテンツ制作など、様々な試みを行う予定だ。

◆バドワイザー オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報