1-SHINE、12週連続リリース第7弾楽曲を配信。1万円で制作されたMVも公開

ツイート

1-SHINEが12週連続リリースの第7弾として新曲「I’m Sorry (2020 Version)」を本日6月24日に配信リリースした。あわせてミュージックビデオも公開された。

◆ミュージックビデオ

「I’m Sorry」は2018年に自主制作ながらもタワーレコード渋谷店デイリー総合チャートで2位を獲得したEP「You In My Life」収録の楽曲で、今回の12週連続リリース企画のためにブラッシュアップさせて再登場した。サウンドチームであるdr.Chemicalのアレンジが存分に発揮されており、重厚なサウンドが特徴の攻撃的な楽曲に仕上がっている。

ミュージックビデオは般若やさなりといったアーティストの作品を手掛ける南虎我が監督を務めた。南虎我は「コロナ禍でライブができないなど影響を受けている音楽業界に少しでも助けになりたい」と、1万円でミュージックビデオを監督するという企画をTwitterで実施していたが、それに応募した総勢121組の中から1-SHINEが選ばれ、今回のミュージックビデオが制作された。

映像は都会的かつ現代的なヴィジュアルが特徴で、サウンドに合わせて細かくカットが切り替わり、最後まで多様な展開を見せる作品となっている。


■1-SHINE コメント
コロナ禍という状況においてライブができなくなった今、ミュージシャンとして世の中に対してどのような発信ができるか。考えに考え抜いた末、1-SHINEは12週連続シングルリリースに踏み切りました。
そうした動きの中、偶然Twitter上で公募されていた南監督の1万円MV企画を見つけ、今の音楽業界にとって凄く画期的な企画だと思い応募に至りました。
応募段階で10曲近くのデモ音源を南さんに送ったところ「I'm Sorry」という2年前にリリースした曲が選ばれ、更にdr.Chemicalというサウンドチームによるサウンドのアップデートが加えられ今回リリースすることができました。
「こんな状況だからこそできる何かを。」という言葉を胸に走り続けてきた数ヶ月間でしたが、このように同世代の才能溢れるクリエイター達の力を借りて自分達の音楽を映像作品として今の世の中に届けることができるのは大変光栄なことです。

■南虎我コメント
現状の社会情勢の中で大きく影響を受けているアーティストの皆さんに何か出来ないかと思い、1万円MV企画を行いました。自分は2年ほど前に映像を始めミュージックビデオで生活が出来る様になったため、音楽業界になんとかして恩返しをしたかった。もっと先にこの企画をやるつもりでしたが、今こそその時なのかなと考えました。応募総数は120組以上あり、その中でも1-SHINEさんの楽曲のクオリティは飛び抜けていました。今回、この様な巡り合わせでご一緒出来て大変光栄です。有難う御座います。撮影に協力してくれた、平原智行と水野悟にも感謝しています。

■「I’m Sorry (2020 Version)」配信情報
https://linkco.re/HX5y5RdB


◆1-SHINE オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報