【インタビュー】10-FEET、NAOKIが語るコロナ禍とライブと葛藤「音楽とは常に一緒にいました」

ツイート

10-FEETが自粛期間中、<#おうちモッシュ#おうちダイブ#おうちシンガロング>と題した無料配信シリーズをオフィシャルYouTubeチャンネルに期間限定公開した。これは新型コロナウイルス感染拡大が続く中で“おうち時間”を楽しんでもらいたい”との想いから実施されたものだ。約14年間計13時間以上のライブ映像を約2ヵ月間にわたり一時的に開放。これと併行してメンバー個々は、自身のSNSアカウントやYouTubeチャンネルから演奏やトークなどの発信を現在も続けている。

◆10-FEET 画像 / 動画

ライブ映像作品『OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS!』シリーズ6作品の初Blu-ray化に加え、全7枚のBlu-ray Discと豪華ブックレット封入の特殊パッケージ『OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! I~VI -Complete Edition-』が8月26日にリリースされることが発表となった。前述の無料配信の反響に応える形で行われるものであり、これら映像作品が伝えてくれるのは、ライブバンド10-FEETの歩みでありリアルだ。

先ごろ公開したKOUICHI (Dr)に続くパーソナルインタビューの第二弾は、NAOKI (B)だ。このコロナ禍においてトーク配信やインスタライブ等へゲスト出演すること多数。“リズム隊繋ぎ”ではユーモアセンス溢れるプレイを聴かせるなど、あらゆる世代のバンド仲間から熱いラブコールを受け続けている本人に、現在の状況や、ライブ映像作品シリーズからみたバンドと自身の進化、そして今後の展望について訊いたロングインタビューをお届けしたい。なお、3日間連続10-FEETパーソナルインタビュー企画は、明日公開予定のTAKUMA (Vo, G)をもって最終回を迎える。

   ◆   ◆   ◆

■自粛をきっかけにリモートで録ったり
■Zoomで仲間と飲みながら話したり

──こういうふうに話をするのは、今年2月の<MONSTER ROCK 2020>名古屋公演でお会いして以来です。それから約4ヵ月の時間が経ってしまいましたが、どのようにこれまでの日々を過ごしていましたか?

NAOKI:3月はまだ移動とかもできましたよね、気を付けながらですけど (緊急事態宣言は4月16日から5月6日まで)。でも、自粛期間中は家とスーパーの往復だけの生活でしたね、ほぼ。

──そのスーパーというのは、台風の影響で中止になってしまった2007年の<京都大作戦>のとき、KOUICHIとたまたま出会ってしまったという、あのスーパーですか?

NAOKI:そこには今回、一度も行ってないです(笑)。あのときは人目につかへん場所っていうことで、敢えて離れたスーパーに行ったんですけど、この自粛期間中は近所のスーパーです(笑)。

▲10-FEET

──そのスーパーに行くくらいだったと。

NAOKI:3月ぐらいまでは会議とかでスタッフとかとも会ってましたけど、4月の緊急事態宣言以降は人と会えないですし。ホントたまにスーパーに行く程度で、それ以外はずっと家に居る生活でした。Zoomというアプリをちゃんと知ったのも4月ぐらいかな。それまで存在すら知らなかったんで。だから、外出自粛をきっかけに覚えられたことも多かったですよ。宅録じゃないですけど、リモートで録ったり。それまではそこまで詳しく知らなかったことも、勉強して覚えましたね。

──変に時間ができたことで、普段は忙しくて手を出せないことも自ら覚えて?

NAOKI:そうですね。オーディオインターフェイスも新しいものをちゃんと買ったり。あとSNSを使って、“何とかつなぎ”みたいな動きもあったじゃないですか。僕はそこまで積極的にそういったものをやっていこうという感じではなかったんですが(笑)。どうしても断れなかったのは、UZUMAKIのDUTTCHくんという、僕からしたら先輩からの“リズム隊繋ぎ”。ツイッターのDMで「NAOKI、ちょっとお願いしたいことあるんやけど、LINEを教えてくれへん?」とメッセージがきまして。その“リズム隊繋ぎ”は、DUTTCHくんが叩いたリズムに、いろんなベーシストがフレーズを乗せていくというものだったんですけど。LINEを教えた直後、LINE電話が掛かってきて。そういう感じで来られたら、絶対に断れないですよね(笑)。


──押し売りより怖い(笑)。

NAOKI:はい(笑)。だから、受けたのはいいんですけど、そういうシステム的なことも今までちゃんとしたことないし。データで送られてきたドラムの映像と音にベースを乗せるなんてしたことなかったんで、それも自宅で。それで詳しい人にやり方を教えてもらったりしたんですよ。でも、ベースだけを乗せるのってすごく難しいんですよ。で、いろんなベーシストがいて、スラップを中心にやる人もいれば、ジャジーに弾く人もいますけど、一応僕らしいフレーズがいいかなって、いろんな曲のカバーをメドレーで繋ぐみたいなのをやらせてもらったんです。結果、めちゃめちゃ時間が掛かりましたけど(笑)。

──通常のレコーディングよりも変に気を遣うみたいな?

NAOKI:そうですね。メドレーするといっても、ドラムのリズムに合わなきゃ話にならないんで。なんやかんや1日半ぐらい掛かりましたね(笑)。


──あとROTTENGRAFFTYの侑威地と“Zoom飲み会”とかやってましたよね?

NAOKI:そうですね、Zoomというものを覚えてから、“こういうこともできるんだ”と知って。僕は本当に機械音痴なんで、ZoomをYouTubeで配信するっていうやり方も全く知らなかったんですよ。dustboxのJOJIとかROTTENGRAFFTYの侑威地とZoomで話したとき、「今度はGOOD4NOTHINGのMAKKINも入れて、YouTubeで配信しようぜ」ってなって。でもやり方が分からないから、1時間ぐらい、みんなでいろんなサイトを調べながらやってみたんですけど、それでもできなかったんです。「こういうのに詳しいヤツに聞こう」ってヤバTのこやまに連絡したら、2分ぐらいで解決しましたね(笑)。やっぱ若者はすごいですわ。

──そういうベーシストたちとの交流のほかにも、Zoomでバンド仲間と話す機会は多かったですか?

NAOKI:多かったですね。THE冠の冠さんとか、SiMのMAHとかHEY-SMITHの猪狩、ROTTENGRAFFTYのNOBUYA君とか、いろんなバンドマンとZoomで飲みながら話してましたね。

▲<京都大作戦2019 -倍返しです!喰らいな祭->@京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ

──<京都大作戦>のバックステージを連想させるメンツですね。

NAOKI:そうですね(笑)。そのへんの仲間とこういう飲み会をちょこちょこしてました。

──あの、この取材は飲み会じゃないですけど、ひょっとして今も飲んでます(笑)?

NAOKI:今はアイスコーヒーです(笑)。さすがに酒を飲みながら取材は受けないですよ。

──メンバーの2人とも、Zoomを通さなくても話をすることも多かったですか?

NAOKI:ROTTENGRAFFTYと月替わりで京都でラジオ番組をやってるんですよ。それをZoomで収録するようになったので、そこで顔を合わせるぐらいですね。直接会うことは完全にしてなかったです、4月も5月も。ほんま最近ですね、会ったりしだしたのは。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報