ポール・スタンレー、スタジオに入りソウル・ステーションのアルバムの最終調整

ツイート

キッスのポール・スタンレーが、スタジオに入り、彼のサイド・プロジェクト、ソウル・ステーションのデビュー・アルバムの仕上げに取り掛かっていることを報告した。

◆ポール・スタンレー画像、動画

彼は月曜日(7月20日)、「スタジオで、ソウル・ステーションのアルバムに最後のひねりを加えている。ああ、俺らみんな、マスクを着けてる。君らもそうすべきだ」とつぶやき、翌日(21日)にも「スタジオ2日目 ソウル・ステーションのアルバムの最後の仕上げ。ああ、俺らみんな、マスクを着用。俺らは家族、子供たち、医療従事者、ファースト・レスポンダー、他にも多くの人たちのためにこうしてる。自分や身近な人に起こるまで実感なしっていうのは悲劇だ。俺らはいま、その報いを受けている」と、マスク着用を推奨した。





スタンレーは2018年終わりからソウル・ステーションのアルバムの制作に取り掛かっており、昨年5月に「ほぼ完成した」と伝えていた。当時は、「でも、リリースは待つつもりだ。なぜなら、十分に注目されるべきだし、俺は完全にこれに専念する必要がある。だから、素晴らしいライブ・パフォーマンスができるまで、俺らがしかるべき方法でプロモートできるまで待つ。でも、ビックリするほどいい出来だ」と話していた。

ソウル・ステーションは今年5月、スモーキー・ロビンソンの「Ooo Baby Baby」をリモートでパフォーマンスする映像を公開している。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報