小川紗綾佳セレクト「眠れる音楽プレイリスト」

ツイート

6月から3枚のデジタルアルバムを月一回リリースしている小川紗綾佳。彼女の音楽には「聴いていると心地よくて眠たくなる」や、「眠れない夜に聞くと安心して眠れる」など、眠りにまつわる感想が多く寄せられる。

その感想通り、小川紗綾佳の作る音楽と声には独特の睡眠効果があるようで、本人も演奏中に眠くなることがよくあるという。そんな彼女に“眠りたい夜にすっと眠れる音楽”を集めたプレイリストを作ってもらった。小川紗綾佳の眠れる音楽の秘密が隠されているかもしれない。

  ◆  ◆  ◆



■Son / Juana Molina
「自由に!聴こえてくるままに!音を奏でたい!!」
自らに痺れを切らしたともいえる衝動に駆られた時に出会ったJuana Molina。
彼女の音楽は私の体の中で疼いている音たちそのものだったので(当時の私はそう感じた)、CDショップの試聴機の前で驚きで卒倒しそうになったのと同時に、最高にリスペクトするアーティストとの出会いの瞬間だった。大好きな彼女が刻んだ、素晴らしく愛に溢れた、優しくて静かな時の断片。



■東京事変 / 落日
椎名林檎さんの曲がどのように生まれてくるかはわからない。
ただどんな曲もとても気持ちのいい“穴”を体と心に空けてくれる。
“穴”からは毒も抜けるけれども、喜びも時に抜け落ちて…でもそんな空っぽも心地いいよねって…
一日の終わりにそっと背中から抱きしめてくれる曲。


■支笏湖の化石 / 小川紗綾佳
北海道にある美しく青い湖、支笏湖。
湖底に沈むたおやかな空気が過ぎさった世界を教えてくれた。
私達が眠りにつくように、地球も眠りにつくのだろうか…地球をもっと尊く感じ、
明日も共に生きたいと、思った。


■Lady Blue / Leon Russell
レオン・ラッセルの歌を初めて聴いたのは『A song for you』。
それが私がはっきりと覚えている初めての洋楽体験だった。
彼の魂の振動に惹かれるままに、彼の歌を漁った。
そしてこの唄に辿り着いた時、とてもとても温かい気持ちに包まれて涙が止まらなかった。
英語の歌詞の意味などわからないのに。
彼の愛の深さに抱かれて、初めて夜は安心なんだって教えてくれた。


■1440 / オーラルブ・アルナルス
一音聴いた瞬間から好きになってしまった。
美しく折り重なる光の中で、埃がゆっくりと舞う…そんな静かな古い洋館の小さな一室。
過去と未来を繋げて物思いに耽りながら、、そのまま夢に足を踏み入れていく。


■天空橋に / 空気公団
空気公団の音楽は、当時ロックとクラッシックばかりに触れていた身にとって、柔らかさを纏った大打撃だった。「音楽って…こんなに力を抜いて、楽しそうで…いいの???!」
あの時、彼らの“音楽”との出会いが、音楽に対する許しをどれだけ広げてくれたことだろう。
柔らかい衝動の中で今日も眠りたいと思う。


■fish in the pool~岩井俊二監督・映画「花とアリス」より 
岩井監督の映像はとても音楽的で、視覚と聴覚の両方で聴くと言えばいいのか、心の中に落ちてくる水滴の波紋に身を委ねて揺れてゆく…。
その時、私は何故が決まって切ないのだけど、その切なさをいつも強く求めて、手を繋ぎたいと願っている。



■トロイメライ / シューマン
楽譜が嫌いだった幼少期(今は読むのも書くのも好き)、唯一自分から「弾いてみたい!」と、楽譜を探しだして練習をした曲。
「なんて柔らかくて優しい気持ちのこもった唄なんだろう…」と子供心ながらに思った。
そう、“唄”だと思ったのだ。親が愛しい我が子に大きな許しと優しさ込めて静かに唄う子守唄。
幾つになっても、そんな唄が、みんな聴きたいよね。



■Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜 Chara(YEN TOWN BAND)
「胸がちぎれそうに痛いよ」
よく聞く切ない気持ちの例え台詞だが、この曲を思う時、まさにそんな感覚になる。
胸の真ん中をギュー…と握られながら息が詰まるような…。
朦朧としていく視界、呼吸、脳内…苦しいはずなんだけれど、とても気持ちよくて、
景色もどんどん綺麗に映って…その痛みをもっと欲してしまうのは、何故だろう。


■land / マリンバsolo
マリンバの音色の魅力の一つは、“響き”だと思う。
この曲はテクニック的なものを追うのでは無く“響き”が作り出す空気に創造性の重きを置いているように感じる。
心地よい“響き”の中で、自分だけの『land』を想い、ゆっくりと目を閉じる、静かなる波音と星空を胸に。


■Someday My Prince Will Come / 小川紗綾佳
静かな夜に。。ピアノを弾きながら王子様を待ちきれずに寝落ち…風なアレンジで。
この企画にぴったりなので(笑)。

『~はじまりの終わり~小川紗綾佳「百徳鍵盤」リリース記念ライブ配信』

日時:9月5日(土)OPEN/START 16:30 / 17:30
会場:屋外ライブ会場 Dramatic Space UMINECO
住所:千葉県富津市八幡156-1
視聴方法:有料・後日公開
数量限定チケット:観覧券 ¥4,500(+ 1 drink)
ライブ配信チケット:視聴券¥1,000
オンラインチケット(ライブポケット)
https://t.livepocket.jp/e/hajimarino

https://www.facebook.com/sayaka.ogawa.18(小川紗綾佳Facebook)
観覧予約&お問い合わせ:homeaumusic@gmail.com(ほめあうキカク)

◆小川紗綾佳 オフィシャルFacebook
この記事をツイート

この記事の関連情報