「カラオケボックス」でクラスターが発生しない理由とは?

ツイート

一般社団法人全国カラオケ事業者協会が、「カラオケボックス」の安全性を証明する映像を公開した。

この映像は、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の陽性患者受け入れや抗ウイルス薬「アビガン」臨床研究など、新型コロナウイルス感染症対策で知られる藤田医科大学 医学部・吉田友昭教授の実証実験結果をもとに発表されたもの。

吉田教授は「そもそもカラオケボックスは建築基準法で強制換気が義務付けられているが、実際には法的基準の3〜4.5倍にあたる新幹線並みの換気能力がある。室内には早い速度の上昇気流がおきており、この空気の流れがクラスターの発生しにくい大きな要因になっている」と導いている。

カラオケボックスは、一括りに「カラオケ店」に分類されることで、「昼カラ」「夜の街関連」と混同され、クラスターの発生実績が無いにもかかわらず発生業種との誤った見方をされがちだ。しかし映像中で示されたとおり、窓が無いゆえに強制換気が行き届いており、通常時定員の半数に利用を制限することでソーシャルディスタンスも確保することができると言える。

◆映像視聴はこちらから

吉田友昭 教授 プロフィール

藤田医科大学(愛知県豊明市)医学部 生物学 教授。
感染症に詳しい医学博士。専門は免疫学だが、近年は生物学教育を通して基礎学力の育成に衷心している。
『マンガから拾い読みする生物学』(2020年刊 デザインエッグ社)著者

この記事をツイート

この記事の関連情報