矢野顕子、新曲「愛を告げる小鳥」配信リリース。作詞は糸井重里、カバーアートは松本大洋

ツイート


矢野顕子が、新曲「愛を告げる小鳥」を9月16日に配信リリースすることが決定した。

ニューヨーク在中の矢野が、コロナ禍にリモートで日本と繋がり完成させた今作は、改めて人とつながることの喜びや、音楽の楽しさ、素晴らしさを感じさせるハートウォーミングなナンバー。もともとこの曲は、昨年2019年に、矢野の作曲、糸井重里の作詞で制作され、ライブのみで披露されていたが、外出制限や渡航中止勧告により予定されていた来日も中止となったため、矢野と、彼女のライブには欠かせない存在である小原礼(b)、佐橋佳幸(g)、林立夫(ds)がリモートで集結し、録音および音源化されることとなった。

矢野と糸井の二人は、これまでにも矢野の作曲、糸井の作詞で楽曲制作しているが、今回は、渋谷PARCO「ほぼ日曜日」で昨年行われた「アッコちゃんとイトイ。」展でコラボレーションした縁から、カバーアートは松本大洋が描き下ろした。「アッコちゃんとイトイ。」展は、糸井が作詞・矢野が作曲した楽曲をイメージしてアーティストが作品制作し、松本は「自転車でおいで」をイメージして描いた作品で参加しており、「愛を告げる小鳥」でもコラボレーションが実現。今回は幼少期の矢野と糸井をイメージして描かれた。



さらに、自ら“宇宙好き”を自負している矢野は、宇宙飛行士の野口聡一と対談した書籍「宇宙に行くことは地球を知ること」を9月17日に発売することも決定している。



■矢野顕子「愛を告げる小鳥」

9月16日(水)より配信スタート
https://jvcmusic.lnk.to/LittleBird
(リンクは9/16以降有効になります)
※ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて9月16日(水)より配信開始。
※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music


■「宇宙に行くことは地球を知ること」野口聡一 矢野顕子

取材・文 林公代
光文社新書から9月17日発売

この記事をツイート

この記事の関連情報