ルイ・フィリップ、トリオ編成のザ・ナイト・メールとともに完成させたアルバム『THUNDERCLOUDS』リリース

ツイート

ルイ・フィリップがトリオ編成のバンド、ザ・ナイト・メールとともに完成させたアルバム『サンダークラウズ』をリリースした。

◆ルイ・フィリップ 関連動画&画像


ルイ・フィリップはフランスのシンガーソングライター/ミュージシャンで、フットボールのジャーナリストとしても活躍する。1980年代後半から1990年代にかけてネオアコ・ファンから強い支持を得たマイク・オールウェイによる伝説的なレーベル“él Records”の中心アーティストとして活動。同レーベルのハウス・プロデューサー/ソングライターも務めた。またハイ・ラマズ、テイ・トウワ、マーティン・ニューウェル、ビッグ・ビッグ・トレインなどとのコラボレーションでも知られる。2020年6月、フィリップは高い評価を得るヤング・マーブル・ジャイアンツのスチュアート・モクサムとのコラボレーション『The Devil Laughs』のアルバムをリリース。当『Thunderclouds』はこれに続く作品となる。『Thunderclouds』ではロバート・ローティファー(G)、アンディ・ルイス(B)、イアン・バトン(Dr)の三人から成るバンド、ザ・ナイト・メールと共演。フィリップが彼らと最初にプレイしたのは、2017年にロンドンで行われたTapete Recordsの15周年記念のライヴでことであったが、その夜、4人はアルバムの制作の約束を交わし、3年後、こうして完成に至った。


『THUNDERCLOUDS』

2020年12月16日(水)リリース
TR481CDJ[国内流通仕様] ¥2,280+税
ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ

■収録曲目:
1. Living On Borrowed Time
2. Once In A Lifetime Of Lies
3. Rio Grande
4. Willow
5. Fall In A Daydream
6. Thunderclouds
7. Love Is The Only Light
8. Alphaville
9. No Sound
10. The Man Who Had It All
11. The Mighty Owl
12. Do I
13. When London Burns

◆ルイ・フィリップ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報