アヴリル・ラヴィーン、新しい音楽の制作とバイクに熱中

ツイート

アヴリル・ラヴィーンは、ツアーが開催できないいま、音楽の制作とバイクに夢中になっているそうだ。

アヴリルは、10日ほど前、ゴールドフィンガーのフロントマンでプロデューサーのジョン・フェルドマンとミュージシャンのMod Sunとスタジオに入る写真をインスタグラムに投稿したほか、今週、モーターサイクリングを楽しむ様子を収めた動画を公開し、「この2週間毎日スタジオに入ってる」と報告した。

モーターサイクリングに関しては、技を披露したり、シート部分がピンクのバイクは特注で、「私の新しいケーキ・バイク。MFPって入ってる。Mother F***** Princessよ」と紹介している。「ライティングとライディング」で2021年に突入するそうだ。

制作しているのがアルバムとなれば、2019年2月にリリースした『Head Above Water』以来、通算7枚目のスタジオ・アルバムとなる。同作をプロモートするツアーは2019年秋で中断されており、年明けに今後のスケジュールについて発表する予定だという。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報