2021年注目の新人リスト<Sound Of 2021>、1位発表

ツイート

▲Pa Salieu『Send Them To Coventry』

英国の公共放送BBCが、1月7日(木)、2021年注目の新人リスト<Sound Of 2021>の1位に輝いたアーティストを発表した。ビリー・アイリッシュ、ストームジーら過去にノミネートされたアーティストらを含む161人の音楽業界の専門家たちの意見をもとにトップに躍り出たのは、英国コヴェントリー出身のラッパー、Pa Salieu(22歳)だった。

◆Pa Salieu画像、動画

英国生まれの彼は、2歳頃から6年ほど両親の祖国ガンビアで祖父母と暮らしていたという。帰国後、多感な時期のコヴェントリーでの生活は、彼のソングライティングに大きな影響を与えた。親しい友人が殺害されたことで、音楽の道へ進むことを真剣に考えるようになったというPa Salieuは、彼自身、2019年コヴェントリー市内で起きた発砲事件で被害者となった。

「ここでは、毎日、理由もなく人々が殺されている」という地元の生活、死を取り上げた彼の痛烈な詞は、よりディープでリアル、ユニークな視点を持つと評価されている。2020年1月にシングル「Frontline」を、11月にミックステープ『Send Them To Coventry』をリリースしてきた。




<Sound Of 2021>には、17歳のマルチ・インストゥルメンタリストAlfie Templeman、Berwyn、ラップ/R&Bの要素を取り込む女性シンガー/ラッパーBree Runway、MCのDutchavelli、“クィア・アイコン”と称されるノルウェー出身のGirl In Red、Greentea Peng、Griff、Holly Humberstone、Pa Salieu、インディ・バンドThe Lathumsの10アーティストが候補に挙がり、5位に19歳のポップ・シンガーGriff、4位にサイケデリック・ソウル・シンガーGreentea Peng、3位に詩人/ラッパーのBerwyn、2位にエモーショナルなサウンドが魅力のHolly Humberstoneが選ばれた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報