AC/DC、シンプルに見えて手の込んだ「Realize」のミュージック・ビデオ公開

ツイート
Photo: Josh Cheuse

AC/DCが水曜日(1月13日)、11月にリリースした最新アルバム『POWER UP』のオープニング・トラック「Realize」のオフィシャル・ビデオを公開した。

◆「Realize」動画

スタジオに集結した彼らのパフォーマンスを撮ったシンプルな映像に見えるが、実は、パンデミックを考慮しメンバーはそれぞれ別の場で撮影され、編集で5人の姿がパズルのように組み合わされたという。また、360度カメラを駆使し、彼らのプレイの力強さ、迫力を上手く捉えている。シーアの「Numb」、テーム・インパラの「Expectation」などを手掛けたClements Habichtとミュージシャンを撮り続けるフォトグラファーでAC/DCのクリエイティヴ・ディレクターJosh Cheuseが監督した。


アンガス・ヤングは最近、フランスのHeavy 1 TVのインタビューで、「Realize」について、一緒に曲を作った兄マルコムのお気に入りの1つだったと話している。「これにはかなりの時間をかけたよ。マルの力強いアイディアの1つだった。彼がどれくらい気に入ってたか、わかったよ。彼がどれだけ力を注ぎ、どうやって曲を築き上げていったか覚えてる」「コーラス、ヴァースは彼のアイディアだ。彼は歌詞をどうしたいかってことも考えてて、ざっくり歌ってくれた。それを聴いたとき、1日中、頭から離れなかった」

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報