フェンダーのブランド創設75周年を記念して独創的なPrestigeコレクションやマイク・マクレディのアーティストモデルがCustom Shopから発表

ツイート

Fender Musical Instruments Corporation(以下フェンダー)が、世界中のFender Custom Shopショーケースディーラー向けのオンラインイベントで数々のモデルを発表。フェンダーの技術力と美学の粋を結集した2021年コレクションモデル、マスタービルトモデルで構成されるPrestigeコレクション、そしてパール・ジャムのリードギタリストであるマイク・マクレディのアーティストモデルが登場した。


「フェンダーの75周年を記念して、Fender Custom Shop史上、最も革新的で独創的な作品群をお披露目できることを光栄に思います」と語るのは、Fender Custom Shop製品開発担当ヴァイスプレジデントのマイク・ルイス。「毎年一新されるコレクションモデルや限定生産のカスタムビルトモデル、また世界屈指のスキルを有するマスタービルダー達が今回のイベントのために製作した特別モデルなど、いずれもクリエイティビティとイノベーションで業界スタンダードをより一層高める製品が揃っています。」

<Artist Signature Models>

■Limited Edition Mike McCready 1960 Fender Custom Shop Stratocaster
価格:1,750,000円(税別)

フェンダーとパール・ジャムのリード・ギタリスト、マイク・マクレディとの初のコラボレーションとなる本モデルは、Fender Custom Shopから60本限定のマスタービルトモデルとして登場。マスタービルダー、ヴィンセント・ヴァン・トリグトによる詳細なプロフィリングにより、オリジナルモデルの曲線や、一本一本の使用痕までも再現。2ピースの厳選されたアルダーボディにリアリズム溢れるRelicカラーフィニッシュ、1960年製のOval “C”シェイプのフラットソーンフレイムメイプルネック、21フレットのフラットラムロズウッド指板を採用している。

オリジナルにマッチしたカスタムJosefinaハンドワウンドピックアップと5ウェイスイッチングを採用し、Treble Bleedトーンコンデンサーを含むヴィンテージ配線を施した。その他、3-Plyビニール製ピックガード、ヴィンテージスタイルのシンクロナイズド・トレモロ(Callahamブリッジブロック付き)、ヴィンテージスタイルのチューニングマシン、ボーンナット、メタルスペーサー付きウィングストリングツリーなどの特徴を備える。デラックスハードケース、ストラップ、ポリッシュクロス、オリジナルマクレディケースキャンディ、正規製品保証書が付属する。

<Masterbuilt Prestige Collection>

マスタービルダー達が今回のイベントのために、腕によりをかけて製作した特別なギターが2021 Prestige Collectionモデルとして発表された。

■Yuriy Shishkov: Leaves of Tears
価格:3,160,000円 (税別)

ラグジュアリーなテイストを意識して作られたユーリ・シシュコフのLeaves of Tearsは、ユーリのハンドメイドの装飾に対する深い知識と洞察によって施された美しいインレイとデコレーションをまとった、繊細でエレガントなギター。

ボディの周りには銀線のインレイパターンが装飾されており、その枝部分にはダイヤモンドとディオプサイドの石がきらめく。その木目が特徴的なキルトメイプル材は美しさに定評があり、ユーリが最も好む木材の一つだ。手染されたパープルバーストのカラーと宝石のコントラストがこのギターに独特の表情を与えている。このギターは演奏に適したギターであると同時に、プレミアムな芸術品としての存在感も備えている。

■Scott Buehl: Acrylic Jazzmaster
価格:2,167,000円(税別)

スコット・ビュールのAcrylic Jazzmasterは、アクリル製ギターをオフセットシェイプで初めて実現したモデル。ここ数年、アクリル製のStratocasterを製作してきたスコットが、リクエストの増加に応えて製作した作品だ。透明なアクリル越しに見えるパーツや配線までもが芸術的であり、見た目の美しさを生み出している。

アクリルは木材よりも重量があるため、彼はピックガードの外周部全体をクリアな素材でルーティングするなどの技術を採用。スコットはこのギターを「多くの人に注目されることになるでしょう」と評してる。世界屈指のピックアップ職人であるホセフィーナ・カンポスがハンドワウンドしたJazzmasterピックアップとRSD Jazzmasterブリッジを搭載したこのギターは、見た目に引けを取らない演奏性とサウンドを提供する。

■Dale Wilson: Tapestry Telecaster
価格:3,028,000円(税別)

デイル・ウィルソンのTapestry Telecasterは、LAを拠点に活動するアーティスト、Pamelinaとのコラボレーションにより誕生。彼女が持ち込んだアイデアがこのギターの最初のインスピレーションの源となった。デイルはもともとPamelinaが木をアートワークに取り入れるというアイデアにとても惹かれていたという。「木をキャンバスにしたギターにはいつも惹かれる」とデイルは言う。彼はこのアートワークを「フレイムメイプルを背景にした渦巻と、エッジのバーストがほとんど目立たない美しい組み合わせ」と表現している。このギターはフレイムトップ、バック、ネックが特徴で、ホセフィーナ・カンポスのハンドワウンドOBGブリッジピックアップと、Twisted Teleネックピックアップを搭載している。

■Jason Smith: Custom ’60s P Bass Special
価格:1,491,000円(税別)

Presicion Bassの生誕70周年にインスパイアされたジェイソン・スミスのCustom ’60s P Bass Specialは、Precision Bassとオールドウェスタンのゴーストタウンのイメージを称えた作品。現代的なプレイアビリティを確保しながら、風化した古い西部のイメージを表現している。ボディに使用されている素朴なローストパイン材は、ミネソタ州の古い穀物貯蔵庫から再生された木材で、釘とボルトの穴が残されている。ハンドペイントのピックガードは、風化したボディと相まってエレガントな印象さえも与える。ピックアップはホセフィーナ・カンポスによってハンドワウンドされたPJピックアップセットを採用し、オーバーワウンド設計のため、高出力で深みのある低音を実現する。

■Carlos Lopez: Double Neck Marauder
価格:3,163,000円(税別)

カルロス・ロペスのお気に入りの2本のギターを組み合わせてみたいという冒険心を形にした製品。Electric XIIとMarauderの2本のギターを組み合わせて誕生したダブルネックのこのギターは、カルロスとギターのテイストが似ているポール・フランクとのコラボレーションでデザインされた。カルロスは「12弦がトップサイドにあるのが気に入っている」と語っている。ピックアップはすべてCurtis Novakが製作したもので、「このギターの色とフィーリングは実際に手にとって弾いてみなければわからない」とカルロスは語る。既成概念にとらわれない、Marauderのような神秘的なギターを正当に評価できるプレイヤー向けにデザインされている。

■Kyle McMillin: Custom Burled Redwood Strat
価格:1,585,000円(税別)

ソーシャルメディア上の木工やレジンアートからインスピレーションを得て製作されたモデル。家具やホームデコレーションに近い技術を用いて、カイル・マクミリンは真にユニークな作品を作り上げた。樹脂製のトップはギタービルダーにとって新しい試みとなる材質であり、ギターの外観を結びつけるインレイとともに、この作品にしかない美しさを放っている。派手でエキゾチックなギターの製作はカイルが得意とする分野であり、これまでのCustom Shop製品にはなかったものを彼は作ろうとしたのだ。カイルはこのギターを「見事で美しいギター」と表現し、今まで製作してきたギターの中で最も気に入っている作品の一つと語っている。

■Todd Krause: Box Top Tele
価格:1,778,000円(税別)

トッド・クラウスのBox Top Teleは、アンプキャビネットの構造にインスパイアされて製作された。メイプルトップは組み継ぎでボディにはめ込こむというギター製作では珍しい技術を採用。明るいハニーカラーの5Aバーズアイトップと、ジョイント部分の組み継ぎ模様を際立たせている。本作品は、そのユニークな外観とは裏腹に、伝統的なスペックを備えており、Telecasterの親しみやすいフィーリング、プレイアビリティ、そしてトーンを求めている人には魅力的なギターとなっている。ピックアップはブリッジにホセフィーナ・カンポスがハンドワウンドしたOBG、ネックには’55/’56 Teleを搭載している。

■Greg Fessler: Tamo Ash Tele
価格:1,343,000円(税別)

グレッグ・フェスラーのTamo Ash Teleは、クラシックなデザインをエキゾチックにアレンジしたギター。今回のイベントは、グレッグが特別な日のために取っておいたタモ・アッシュのトップを使用する絶好の機会となった。このギターは、美しくフィギュアドされたタモ材のトップと、アバロンドットインレイを施したフレイムメイプルのUシェイプネックが特徴。そして、Seymour Duncan Vintage P90ピックアップ、“Sawed-Off” Vintage-Style Tele BridgeをTamo Ashボディに搭載している。エキゾチックな木材が好きで、トーンに妥協したくないという人におすすめのギターだ。

■Chris Fleming: Jazz Telecaster
価格:3,242,000円(税別)

クリス・フレミングのJazz Telecasterは、B-BopスタイルのJazzギターに対する情熱と、クラシックなTelecasterのデザインへの愛情がミックスされた、オマージュ的な作品。このJazz Telecasterは、本機のために特別にデザインされたテイルピース、ティルトスネークヘッド、マホガニーネック、ブラジリアンローズウッド指板といったプレミアムなスペックを特徴としている。シングルハムバッカーとボリュームコントロールを搭載し、機能的でシンプルかつエレガントなギターの精神を実現している。ボディはセミホローマホガニーで、トップにはべっ甲バインディングを施したスプルースを採用。アーチドトップギターのフィーリングをTelecasterの形で再現した。このギターはクリスが今年Custom Shopを引退する前に製作した数少ない楽器の一つとなった。

■Vincent Van Trigt: Custom Flamingo Sunset Tele
価格:2,599,000円(税別)

ヴィンセント・ヴァン・トリグトは、60年代のビーチサイドのカクテルバーからインスピレーションを受けてFlaming Sunset Telecasterを考案した。60年代のTelecasterをベースに、イアン・ウォードによるアートワークが施された本作品は、何年にもわたるパーティー、ジャムセッション、潮風、激しい嵐を体験してきたバーの空気感をイメージしており、このギターはその物語を語るために静かに存在し続けているのだ。カクテルバーのネックインレイ、ローストボディとネック、ホセフィーナ・カンポスがハンドワウンドした’63 Teleピックアップをフィーチャーしたこのギターは、ヴィンセントの想像の世界をイアンのアートワークで実現した、エキゾチックなオーラに包まれている。

■Paul Waller: Sugar Surprise Strat
価格:4,006,000円(税別)

ポール・ウォーラーのSugar Surprise Stratは、LAを拠点に活動するアーティスト、Pamelinaのインスピレーションナルなアートワークをライトアップする唯一無二のギター。ライトアップすることでまったく異なる表情を見せるという斬新でユニークなコンセプトのをベースにデザインされた。シュガースカルをテーマにしたこのギターは、2つの異なる表情を見事に融合した作品だ。シンプルで美しい渦巻き模様のアートのように見えるギターが、ライトアップすることで流れるような髪の毛を持つシュガースカルに変身するのだ。ホセフィーナ・過ポスがハンドワウンドしたピックアップを搭載した本モデルは、あらゆるギターの存在感を圧倒する発想に満ちている。

■Dennis Galuszka: Custom ’62 Precision Bass
価格:2,569,000円(税別)

デニス・カルスカが製作したCustom ’62 Precision Bassは、彼の内なるホラー好きがインスピレーションの原点になっている。枯れた森のようなデザインに惹かれたデニスは、焼き絵アーティストであるマデリン・ハンリンにアートワークを依頼し、デザインを施してもらった。サウンド的には、クラシックなPrecision Bassのトーンと本格的なプレイアビリティを求めるプレイヤーに向けてデザインされており、フェンダーベースならではの伝統的なトーンを奏でるアルダーボディととメイプルネックといったコンビネーションを採用している。

<Annual Collection>

毎年、Fender Custom Shopでは、ピックアップのデザインから配線、仕上げ工程、木材の組み合わせなど、ギター製作の現場における最新のイノベーションと技術をハイライトするコレクションモデルが考案されている。今年は、マスタービルダーのポール・ウォーラーとロン・ソーンの発案による、全ラインナップをサーフグリーンカラーで仕上げたSurf Green with Envyマスタービルトコレクションが、コレクションモデルとして発表された。

各マスタービルダーがフェンダーにとって象徴的な年を選び、フェンダーの象徴的なサーフグリーンカラーにペイントされたヴィンテージギターの製作に挑戦。Fender Custom Shopチームは、マスタービルダーであるデニス・ガルスカの’63年制Esquireに合わせて、アンプやペダル、さらにはカスタムペイントされたグレッチのドラムキットまでも追加した。このコレクションには、カスタム・ビルドと製造ラインの両方で作られた6台のアンプ(国内取り扱いなし)と、FenderのR&D担当ヴァイスプレジデントであるスタン・コティーが手作りしたエフェクトペダルも含まれている。

このコレクションの各モデルはすべて一点ものであり、Fender Custom Shpのショーケースディーラーでのみ販売される。

■Masterbuild Surf Green with Envy Collection
価格:518,000円~1,524,000円(税別)
※国内ではフェンダーのギター製品のみの展開となる

’63 Esquire NOS w/ Surf Green Gretsch Drum Set
’72 Tele Custom NOS
’69 Mustang NOS
’60 Tele Custom NOS
Electric XII NOS
’66 Strat NOS
’68 Tele Thinline NOS
’68 P-Bass NOS
’60 Strat NOS
’65 Jaguar NOS
’58 Strat NOS
’55 P-Bass NOS
’55 Tele NOS
’65 Jazzmaster NOS
BASS VI NOS
’64 J Bass NOS
’50s Electric Mando

関連画像&映像

◆FENDER 画像&映像
この記事をツイート

この記事の関連情報