坂本龍一の陶器を割る音を使用した新曲「fragments, time」、レビュー公開

ツイート
Photo by zakkubalan (c)2020 Kab Inc.

坂本龍一が2020年に発表した楽曲をアナログレコードにまとめたコンプリートアートボックス『2020S』の制作過程を追う連載「BEHIND THE SCENE」のVOL.6が更新された。

◆関連画像

BEHIND THE SCENE VOL.6では、坂本龍一の陶器を割る音を使用した新曲「fragments, time」の最速楽曲レビューが掲載されている。

“陶器を割る音を使って音楽を作りたい”
『async』のリリース以降、坂本の中で強く思い描いていたアイデアが『2020S』でついに実現される。楽曲で使用するのは、坂本自身が絵付けを行い、唐津の陶芸家・岡晋吾が焼き上げた陶器の皿だ。坂本はNYの自宅にて陶器を割る音を採取し、制作した楽曲を「fragments, time」という曲名にした。

楽曲から聴こえるのは陶器とピアノの音のみ。静寂の中で陶器は不規則に鳴り響き、その隙間を埋めるようにピアノが丁寧に紡がれてゆく。


“陶器が割れる音”と聞くと耳当たりの強い衝撃音を想像するが、実際に楽曲から聞こえてくるのは耳をつんざくものではなく、どこか透明感のある柔らかな響きである。陶器の断片は転がるたびに一つずつ異なる余韻を残し、坂本がこの楽曲に使用するために作ったという「簡易な楽器」は、複数枚の陶器がランダムに触れ合い自由な音色を奏で合う。


『2020S』には、蔡明亮監督作品『あなたの顔(英題:Your Face)』、コゴナダ監督作品『After Yang』のオフィシャルサウンドトラックにはじまり、イタリア発の高級ラグジュアリーブランド、ボッテガ・ヴェネタのショートフィルム用に書き下ろされた「BV」や米シアトルのNPO法人MOR(Music of Remembrance)のために制作された「Passage」、さらにはテレビ東京のミニドラマ『きょうの猫村さん』の主題歌となった「猫村さんのうた」など、ジャンルレスなコラボレーション作品がアナログレコードで収録される。

これら楽曲の一部は音楽配信サービスで視聴もできるが、「fragments, time」は『2020S』にのみ収録するとのこと。

現在、特設サイトでは限定300点の『2020S』の予約を受付中。

◆『2020S』特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報