ポール・スタンレー、バンド名“キッス”の由来を語る

ツイート

オーストラリアのTV番組『The Project』にゲスト出演したキッスのフロントマン、ポール・スタンレーが、バンド名の由来について語った。

スタンレーは50年近く前、こう考えたという。「世界のどこに住んでいようが、聞き覚えのある言葉だって思ったんだ。“ああ、キッスって聞いたことある”って。そういう名前だ。それに、(キッスには)いろんな意味がある。情熱的なキス、死の接吻とかね。様々な解釈が可能だと思う言葉だった。上手くいったんじゃないかな? 俺ら、48年だっけ? そんなに経った今でもここにいる」

スタンレーは以前、オリジナル・ドラマーのピーター・クリスがLIPSというバンドにいたと聞き、キッスという名を思いついたと話していたこともある。

1970年代初めにWicked Lesterを結成したポール・スタンレー(Vo,G)とジーン・シモンズ(B)は、数年で路線を変更し、新たにピーター・クリス(Ds)とエース・フレーリー(G)を迎えた後、キッスと名乗るようになった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報