【ライブレポート】BUZZ-ER.、新たな未来を感じさせる感動のステージ

ツイート

BUZZ-ER.が4月2日(金)に東京・Zepp Tokyoで、東京では2年振りとなるワンマンライブ<BUZZ-ER. 4th ONEMAN LIVE @Zepp Tokyo>を開催した。

◆ライブ写真

ガイドラインに従った動員で開催となった今回のライブ。この日を待ちわびたファンで満員となった会場は、久々のライブへの期待が入り混じる独特な雰囲気。

メンバー7人が、この日初披露となる白を基調とした新衣装で登場し、彼らのメジャーデビューシングル「サクラエビデンス」でライブはスタート。春らしく爽やかなナンバーを歌い上げる。


「IDENTITY」「Beautiful Night」「DAWN」、そして「B>EVOLUTION」「Everyday」「It's OK」と続くファーストセクションは、久々のZepp Tokyoライブの楽しげな雰囲気が、各メンバーから伝わってくる。

新曲の「愛言葉」を挟み、「Love Sick」と「Raise Me Up」をドロップ。彼らのストロングポイントである、ダンスパフォーマンスを最高のフィーリングで重ねる。


次の曲は、この日のライブで初披露となる新曲の「RUN」。ステージ上のビジョンでは、この曲のセンターを務めるメンバーをジャンケンで決める様子が流れる。見事センターはKOHEYがゲット。プレイ途中、再びビジョンでは、この曲のミュージックビデオの一部が映し出され、4月2日(金)24時にYouTubeで公開となることが告知された。


「HELLO」に続き、「DANCE Number」をSHALF、KOHEY、YUYAの3人でプレイ。続いて「Still in love」をCHIBA、SHUNのふたりが、抜群のコーラスワークでまとめる。

「ヘルプミー!」はSAKU、HAUに入れ替わりスタート。そして最新の衣装にチェンジした全員がステージ上に再度集結し歌い終える。そして次の曲「エビハニGo!!!」では、巨大な白幕がメンバーの前に登場。シルエットと化したメンバー全員が曲中の生着替えに挑戦した。途中幕がずれ、チラリのメンバーもいたが、無事にメジャー・セカンドシングル「ブザービーター」のミュージックビデオで披露したキャンパスライフなブレザールック衣装にチェンジ完了。

その「ブザービーター」、そして「GO MY WAY」を歌い終えると、短めのMCを挟み、ビジョンではグッズと次にパフォーマンスされる新曲「S.R.R」のレクチャーが、メンバーの様々なコスプレとコミカルな映像で紹介された。

その「S.R.R」を披露し、終盤は「Don't Be Afraid RE-iwa-MIX」「Waltz」「HIT ME!!」「CAN U FEEL IT!?」「CATCH THE DREAM」をノンストップでたたみ込み本編を終えた。



アンコールは、本公演のガイドラインのため、声が出せない観客のためにビジョンから映像によりメンバーが「アンコール!」「アンコール!」のコール。これに応え、会場のファンが手拍子を合わせていく。

初期の懐かしい衣装にチェンジしたメンバーがアンコールのステージに登場し、メインナンバー「HONEY>BEAT」をパフォーマンス。曲途中、ステージ上から観客席をバックに記念撮影も行われた。

アンコールの2曲目「ミチシルベ」を歌い終えたところで、メンバーそれぞれがファンへのメッセージを口にした。

CHIBA「大好きな音楽を、大好きな仲間と大好きなお客さんとできてることを噛みしめて、これからもやっていきたい」

YUYA「ファンのみんなのお陰で僕たちは輝ける。これからもBUZZ-ER.のそばにいてください」

KOHEY「こんな環境の中、僕たちをずっと待っていてくれてありがとう。恩返しできるよう頑張ります」

SAKU「これからも素晴らしい思い出をいっぱい作っていきたい。これからも僕たちについてきてください」

HAU「あたりまえじゃない、、ここに立てたのは、みんなやスタッフのお陰、、」(号泣)

SHUN「今日Zeppに立てたことは幸せだなって思う。正直、活動ができなかった時間に下を向いてしまったこともあるけど、僕たちならまだやれるとみんなが背中を押してくれた。僕たちが目指すものはまだまだ高いけど諦めず向かっていきたい」

また、SHALFは自らの手紙を用意。「前回、体調不良で、(僕は)このステージに立てなかったけど、今日7人でZeppに立つという一つの夢が叶いました。この景色を見せてくれたのは変わらず応援してくれるファンのみんなです。ずっとBUZZ-ER.を愛してくれてありがとう」と涙ながらに読み上げた。

ラストナンバーは、オープニングと同じ「サクラエビデンス」。結成当時から受け継ぐ彼らの一番大切な曲でフィナーレを迎えた。



現時点でのベスト・パフォーマンス、そしてこれから先の新たな未来を感じさせてくれるステージ。全28曲をやり切り、集まったファンひとりひとりを見送るメンバーの清々しい表情は、この日のライブの素敵な時間を物語っているようだった。

さらなる夢は「武道館に立つこと!」と宣言したBUZZ-ER.は、このステージ上で所属事務所を離れて独立する事を公表。この冬、グループ史上最大規模の全国7大都市ツアーも発表され、東京公演は12月19日(日)に東京・品川ステラボールで行われることも決定している。

■公演情報

<BUZZ-ER. 4th ONEMAN LIVE @Zepp Tokyo>
2021年4月2日(金)東京・Zepp Tokyo
[セットリスト]
01. サクラエビデンス
02. IDENTITY
03. Beautiful Night
04. DAWN
05. B>EVOLUTION
06. Everyday
07. It's OK
08. 愛言葉 (新曲)
09. Love Sick
10. Raise Me Up
11. RUN (新曲)
12. HELLO
13. DANCE Number
14. Still in love
15. ヘルプミー!
16. エビハニGo!!!
17. ブザービーター
18. GO MY WAY
19. Black or White
20. S.R.R. (新曲)
21. Don't Be Afraid RE-iwa-MIX
22. Waltz
23. HIT ME!!
24. CAN U FEEL IT!?
25. CATCH THE DREAM
-ENCORE-
26. HONEY>BEAT
27. ミチシルベ (新曲)
28. サクラエビデンス

■リリース情報

「RUN」「愛言葉」
2021年4月8日(木)配信スタート
https://linkco.re/cauRNCE4

■ライブ情報

<POPCORN×子犬祭「パピコーん!!vol.1」>
2021年4月7日(水)東京・渋谷O-EAST

<4th ONEMANLIVE アフターパーティー>
2021年4月8日(木)東京・白金高輪SELENE b2

<BUZZ-ER. × BLACK IRIS 2MAN LIVE 「BLAAAAAAA!!!」>
2021年4月11日(日)東京・新宿ReNY

<BEYOND THE WALL in FUKUOKA>
2021年5月8日(土)福岡・ZeppFukuoka

■番組情報

BUZZ-ER. YouTubeチャンネル番組「なんもでねぇよ」
BUZZ-ER. Official YouTubeチャンネル内にて毎週金曜日配信中
https://www.youtube.com/channel/UCyy9MTJlB8frIYXp-0Z2lsA

◆BUZZ-ER. オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報