トラベラー・ギター、超コンパクトなソリッド・エレアコUltra-Light EDGEが登場

ツイート

▲Ultra-Light EDGE Bittersweet Orange & Molten Lava (MLT)

トラベラー・ギターから手軽に持ち運びが出来るコンパクトなエレクトリック・アコースティック・ギター「Ultra-Light EDGE」が登場した。

Ultra-Light EDGEは、ウルトラ・ライト・シリーズでは初となる米国でハンド・アッセンブルをし、革新的な進化を実現したモデル。ボディーは、デコラティヴ・ラミネート・マルチ・プライ・バーチ材「PioniteR(パイオナイト)」を採用。既存のウルトラ・ライトはネックとボディーが一体構造だが、Ultra-Light EDGEはメイプル・ネックを4点留めのボルト・オンジョイントを採用。ボディーはトップ側とバック側の2ピースの構造で、2トーン・カラーのBittersweet Orange & Molten Lava (MLT)とBlue and White (WBU)、単一カラーのSurfin USA(BLU)とBlack (BLK)をラインナップする。フィンガーボードはボディー・カラーによってメイプル(MLT, WBU)またはブラック・ウォールナット(BLU, BLK)となっている。



アンダーサドル・ピエゾ・ピックアップの信号は、ボディー・エンドのアウトプット・ジャックから出力され、外部アンプに接続することでエレクトリック・アコースティック・ギターとして使用可能。アコースティック弦を使用しているので、アコースティック・ギター的なナチュラルなクリーン・トーンを提供する。スケールは25.5インチ (約648mm) 、22フレットを採用。ボディーのマシン・カット、サンディング、フィニッシュから最終組込みまでの作業は、トラベラー・ギターの本拠地である米国カリフォルニア州レッドランズにて行われている。バックパック・スタイルのギグバッグが付属しているので、どこへでも気軽に持ち運べ、演奏が楽しめる。


▲Ultra-Light EDGE Surfin USA (BLU)


▲Ultra-Light EDGE Blue and White (WBU)


▲Ultra-Light EDGE Black (BLK)

製品情報

発売日:6月8日(火)
オープンプライス
Ultra-Light EDGE <with Gigbag>
Bittersweet Orange & Molten Lava (MLT)
Surfin USA (BLU)
Blue and White (WBU)
Black (BLK)
■Body: PioniteR
■Neck: Eastern American Hard Maple
■Neck Radius: 400mm (15.75")
■Neck Width at Nut: 約44.5mm (1.75")
■Scale Length: 648mm (25.5")
■Fingerboard: Eastern American Hard Maple (MLT, WBU) or Black Walnut (BLU, BLK)
■Bridge:Derlin
■Fingerboard Inlays: Dots
■Frets: 22 Medium
■Construction: Bolt-On
■Hardware: Black Closed Gear
■Finish:Bittersweet Orange & Molten Lava (MLT), Surfin USA (BLU), Blue and White (WBU), Black (BLK)
■Pickup(s): Traveler Piezo
■Electronics: Passive Electronics
■Audio Output: Standard 1/4 In. Jack
■Body Thickness: 約38mm (1.5")
■Body Width: 254mm(10")
■Overall Depth: 約51mm(2")
■Overall Length: 約756mm (29.75")
■Strings: D’Addario EJ15 Phosphor Bronze Wound Extra Light Set (.010, .014, .023, .030, .039, .047)
■Weight: 約1.6kg (3lbs. 11oz.)
この記事をツイート

この記事の関連情報