ノエル・ギャラガー「2023年まで何もするつもりはない」

ツイート
(c)Matt Crockett

ノエル・ギャラガーは、パンデミック発生前から2023年までの計画を立てており、2020年は休み、2023年にツアー再開と決めていたという。

彼は『The Sun』紙のインタビューで、この先の計画について語った。「ロックダウンが起きる前、俺はインドから戻った。2019年のクリスマスだ。立て続けにツアーをやって7年目になってた。そのときすでに、2020年はオフにするって決めてたんだ。それで、2021年に曲作りをし、2022年はレコーディングにあて、2023年にツアーを再開しようと。バンドの中には、妊娠した女性もいるし、癌と診断された人もいた。休みを取るのに相応しい時期だと思ったんだ。だから、まだ予定より早い。俺は、2023年まで何かする計画はない」

また、いつになるかはわからないが、オアシスの曲が大半を占めるツアーをやるのもいいと考えているそうだ。「ハイ・フライング・バーズとオアシスは全く違う。でも、公演をやるとき、この2つを一緒にする必要がある。オアシスの曲、90年代の最も有名な曲のいくつかをやらず、チケットに70ポンド(約1万1,000円)も請求できないだろ。多分、アコースティックやるとき、オアシスの曲が大半ってツアーをやるよ」

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは今年、デビュー10周年を迎え、先週、初のベスト・アルバム『Back The Way We Came: Vol 1 (2011-2021)』をリリースした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報