【俺の楽器・私の愛機】276「Gibson LesPaul 1968GT Brothers」

ツイート

【1968年製LesPaul フルオリ&Conversion】(大阪府 緑青マニア 60代)


25年ぐらい前に購入した1968年製LesPaulのフルオリ&Conversionです。
Conversionの方は行きつけのギターショップのオーナーが、アメリカで仕入れてきたTOM HOLMES を付けています。
当時は今ほど有名ではなくて、何それ?高いな~と思いましたが、確かにいいPUです。
今は家で時々弾く程度ですが、甘いフロント、クリーンは極上で、やっぱり LesPaulはJazzギターだったんだなって思ってしまいます。




  ◆   ◆   ◆

あれ、3本ある。レスポール再生産初年度ものですね。ブランコテールピースの方は、なにこれ。オリジナルなんですか?しかしどれもきれい。確かに初代ブランコレスポールをみるとジャズギターって感じがします。でもチューン-O-マチック&ブリッジにハムが乗ると、世代的にはトム・ショルツになります。今でいうと松本孝弘のイメージもあるのかな。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
(例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
(例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
(例)トラヴィス・ビーン TB-1000
(例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
(例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
(例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報