アンスラックスのジョーイ・ベラドナ「アイアン・メイデンのメンバーの対応、絶対忘れない」

ツイート

アンスラックスはこれまで様々なバンドとツアーを行ってきたが、中でも、アイアン・メイデンのツアーにオープニング・アクトとして参加したときの体験は格別だったという。

◆アンスラックス画像

ヴォーカリストのジョーイ・ベラドナは、Talk Radio Europeのインタビューでこう話した。「特にディオ、オジー(・オズボーン)とのツアー、そして、アイアン・メイデンは素晴らしかった。南米へ行ったとき、彼らの飛行機に乗せてもらった。そんなことができるなんて、凄いよ」

「よく、朝食でブルース・ディッキンソンと一緒になってた。2時間くらい喋ってたよ。そんなことできるなんて、笑っちゃうよね。リオで昼が一緒だったときのこと、俺は絶対に忘れないよ。歌うことについて話してたんだ。そしたら、彼、急に歌い出してさ。周り見回して、“誰も聴いていないな”なんて思ったよ。ホント、素晴らしかった。俺ら、単なるオープニング・アクトだっていうのに、俺を軽くあしらうんじゃなく、あんなことできるなんてクールだよ。彼らは常に、俺らに対しフレンドリーだった。スティーヴ・ハリスの家へ行ったことも覚えてる。ドニントンにいたとき誘われたんだ。その前、会ったこともなかったんだよ。なのに、彼は家に招待してくれるほど礼儀正しかった。俺はそれを絶対に忘れないよ」

ベラドナはまた、ロニー・ジェイムス・ディオについて「彼は特別な人だった。ユニークなシンガーだった。一緒にツアーしたんだ。楽しい時間を共有できた」と話している。

現在、活動を控え気味なアンスラックスだが、2022年、ツアーができるようになってから『For All Kings』(2016年)に次ぐ新作を発表する計画だという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報