全国の楽器店が選ぶ「楽器店大賞2021」を発表

ツイート

日本全国の楽器店員が選ぶ「楽器店大賞2021」が開催され、それぞれのジャンルでの受賞楽器が発表された。

「楽器店大賞」とは、全国の楽器店員が選ぶ『今年、お薦めする楽器』と、楽器店員と一般のユーザーが選ぶ『今、世に広めたいイチ押しプレイヤー』『今年、楽器の楽しさを伝えてくれた人』を決める賞。


子どもから大人までの幅広い世代が、一人または仲間とアンサンブルでも楽しめる趣味として人気が高まっている楽器演奏。「楽器の素晴らしさをもっと世の中に広めたい」「楽器を始める人を一人でも多くつくりたい」そんな想いから開催されたアワードだ。


楽器店大賞2021運営委員会が主催、ヤマハ銀座スタジオにて発表と授賞式が執り行われた。各受賞楽器は以下の通りとなった。

【商品部門「全国楽器店員がお薦めする今年の楽器」】
●ピアノ部門
・グランドピアノ
「Yamaha C3X espressivo」

プレミアムピアノの開発で培われた技術と響板にはヨーロッパスプルースなどの素材を厳選している。

・アップライトピアノ
「KAWAI K-400」

カーボンファイバーなど新素材使用の鍵盤アクションと新設計のハンマーや響板をモダンデザインのボディに凝縮したコンパクトサイズ・アップライトピアノ。

・電子ピアノ
「KAWAI CA49」

グランドピアノと同様のシーソー式の木製鍵盤。先日のショパンコンクールの上位入賞者が使用したコンサートピアノSK-EXの音源を搭載。

・ポータブルキーボード
「CASIO CT-S1」

ミニマルデザインながら、豊かな表現力のAiX音源と新開発の音響機構の高音質と迫力のサウンド。

●ギター部門
・アコースティックギター
「Martin D-28 Standard」

1967年にポール・マッカートニーとジョン・レノンがお揃いで購入したという名機。

・エレキギター
「Yamaha PACIFICA 612」

ディストーションサウンドからクリーンサウンドまで幅広いサウンドを誇る。1990年発売。

・クラシックギター
「Yamaha CG-TA」

アンプやスピーカーをつながなくてもリバーブやコーラスなどのエフェクトをかけられる「Trans Acoustic」を搭載。

●管楽器部門
・サックス
「Yamaha YAS-62」

1978年の発売。カスタムで培われた技術を継承し、心地よい吹奏感と美しい響きを持つ。

●話題の楽器部門
・カリンバ
「ONETONE OTKL」

手軽なサイズや重さ、感覚的な演奏のしやすさ、控えめな音量で気軽に楽しめる。ゲームの影響で人気に。

【商品プレイヤー部門「全国楽器店員とお客様が選んだ 今、世に広めたいイチ押しプレイヤー」】
・ピアノ
「角野隼斗」

・ギター
「こーじゅん」

・サックス
「ユッコ・ミラー」


【特別部門「全国楽器店員とお客様が選んだ 今年、楽器の楽しさを伝えてくれた人」】
・タンバリン
「大石竜輔」


それぞれの授賞楽器、もしくはプレイヤーの表彰式が終わった後、特別部門を受賞したタンバリン奏者の大石竜輔が実演を披露。タンバリン単体とは思えないような多彩な音色、強弱をつけた演奏、そしてその超絶技巧でタンバリンの多彩さと楽しさを存分に楽しませてくれた。

【楽器店大賞2021概要】

「楽器店大賞2021」
キャッチコピー:「全国の楽器店員がお薦めする今年の楽器、楽器店員とお客様が選ぶ今年のプレイヤー」
主催:全国楽器協会 楽器店大賞2021 運営委員会(委員長?廣瀬利明)
表彰:商品部門・プレイヤー部門を設定
WEB投票:全国楽器協会 会員小売企業/一般投票
この記事をツイート

この記事の関連情報