ジュゼッペ・トルナトーレ監督がマエストロの秘密に迫る珠玉のドキュメンタリー『ENNIO(原題)』、2022年3月日本公開決定

ツイート

2020年7月、世界は類稀なる才能を失った。エンニオ・モリコーネ、享年91歳。

◆『ENNIO(原題)』 関連画像

1961年のデビュー以来、500作品以上という驚異的な数の映画とTVの音楽を手掛け、なかでも日本でも超ロングランヒットを記録、アカデミー賞(R)外国語映画賞にも輝き、人生の喜怒哀楽のすべてを表すような旋律で情感豊かな映像と共に、人々の心に永遠に刻まれた『ニュー・シネマ・パラダイス』(88)を始め、その作品のほとんど全ての音楽を手がけたジュゼッペ・トルナトーレ監督との“最後のタッグ”であり、彼の師であり友でもあるエンニオ・モリコーネのドキュメンタリー映画『ENNIO(原題)』の日本公開が2022年3月に決定、シーン写真3点も解禁した。

本作は、『ニュー・シネマ・パラダイス』はもちろん、『用心棒』(61)、『アンタッチャブル』(87)『ヘイトフルエイト』(16)など、エンニオが音で命を吹き込んだ45作品にも及ぶ数々の傑作の名場面と、最高の音響技術で再現された日本公演を含むワールドコンサートツアーの演奏で、巨匠の伝説を紐解いていく。さらに、クエンティン・タランティーノを始め、クリント・イーストウッド、ウォン・カーウァイ、オリバー・ストーンなど名前を見ただけで息をのんでしまうような70人以上の監督やプロデューサー、音楽家たちのインタビューが<どうやってエンニオは偉業を成し遂げたのか>その秘密を解き明かすと同時にエンニオのプライベートライフとコメント、初公開となるアーカイブ映像によって、この愛すべき奇才のチャーミングな人間性を浮き彫りにする。


シーン写真は、まだエンニオの頭の中だけで鳴り響いている音楽を楽曲へと仕上げたり、膨大な資料に囲まれて創作に打ち込む様子のほか、映画音楽に対する⻑年の功績を讃えられ、第79回アカデミー賞で名誉賞を受賞した際、プレゼンターのイーストウッドとの2ショットを撮影、イーストウッドによるサインを署名がされたシーンを切り取ったものなど、いずれも彼自身の軌跡を辿るものとなっている。

エンニオの音楽と生き方を知ること、それは20世紀から今日までの映画史をドラマティックに辿ること。そして、映画を愛し励まされてきた私たちの人生を祝福すること。スクリーンの中の錚々たる面々と共に、マエストロに感謝を捧げる、愛と幸福に満ちた圧倒的音楽ドキュメンタリーと言えるだろう。


『ENNIO(原題)』

2022 年3月 TOHO シネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ『ニュー・シネマ・パラダイス』『海の上のピアニスト』
原題:Ennio/150 分/イタリア映画/カラー/ヴィスタ/5.1ch デジタル/字幕翻訳:松浦美奈

★劇中に登場する伝説の豪華クリエイターたち(映画監督、音楽家、プロデューサーほか)※順不同
クエンティン・タランティーノ
クリント・イーストウッド
ウォン・カーウァイ
オリバー・ストーン
ハンス・ジマー
バリ―・レヴィンソン
ジョン・ウィリアムス
ダリオ・アルジェント
ジョゼッペ・トルナトーレ
テレンス・マリック
ブルース・スプリングスティーン
ベルナルド・ベルトルッチ
ジェイムズ・ヘットフィールド
クインシー・ジョーンズ
ローランド・ジョフィ
リナ・ウェルトミューラー
フィル・ジョアノーほか

◆GAGA オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報