トニー・アイオミ「ケータイに400~500のリフを保存している」

ツイート

トニー・アイオミは、2019年、ブライアン・メイとアーカイブをリサーチ中、500ものリフを発見したと話していたが、それと同じものなのかどうかは不明なものの、携帯電話に400~500のリフを保存しているそうだ。

◆トニー・アイオミ画像

先月、ブラック・サバスの活動終了後初のロック・ソングとなるインストゥルメンタルの新曲「Scent Of Dark」をリリースしたアイオミは、英国のPlanet Rockラジオ局のインタビューで、近い将来さらなる新曲を発表する予定はあるかと問われると、こう答えた。「その可能性は十分ある。楽しんでいるからね。素材はいっぱいあり、それをまとめ始めたいと思ってる。僕のケータイには400か500のリフが保存されているんだよ。それをどうにかしないと」

数年前、メタリカのカーク・ハメットが新曲のアイディアを大量に保存していた携帯電話を失くしてしまったことについて触れられると、「聞いたよ。大変だったに違いない。これを聞いて、誰か、僕の電話を盗もうとするかもね(笑)。別のケータイに保存してるんだけどね(笑)」と話した。

「Scent of Dark」は、かなり前に作ったというリフをもとに、イタリアの香水ブランドXerjoffの創設者でもあるSergio Momo(G)と、Jimmy Crutchley(B)、Ash Sheehan(Dr)、Rebecca Rose(Vc)、Julianne Bourne(Vn)が加わり、マイク・エクセターがプロデュースし制作された。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報