ナオト・インティライミとONE N’ ONLY、<ナオトフェス年末SP>でコラボ実現

ツイート

ナオト・インティライミが12月26日、ONE N’ ONLYをゲストに迎えた<ナオトフェス年末SP>をショートムービープラットフォーム「TikTok」で開催した。そのオフィシャルレポートをお届けする。

◆ナオト・インティライミ画像

   ◆   ◆   ◆

「遅めのメリークリスマス!」の挨拶から始まった<ナオトフェス年末SP>。ゲストを招いての<ナオトフェス>は、2021年4月から8か月ぶりの開催となった。これまで土井レミイ杏利、Novelbright 、YOASOBI、優里、鈴木鈴木らがゲスト出演し、TikTokならではの企画からライブ演奏までを届けてきた。

ナオトの登場挨拶の後、さっそくゲストのONE N’ ONLYが登場。新曲「What's Your Favorite?」でダンスを披露し、その後ろで一緒にダンスを踊るナオトにも注目が集まる。「ダンス踊ってる」という喜びのコメントから「ナオト、邪魔だよ〜笑」と愛のある茶化しコメントもあり、序盤からリスナー間にも笑いが生まれた。ダンスの後はONE N’ ONLYも自己紹介しつつ「生でナオトさんを見れるなんて」と喜びの声。フォロワー数400万人超え、世界で注目されるTikTokクリエイターでもあるONE N’ ONLYと、世界の音楽に精通するナオトとで、世界のSNSでのバズり方についてトークが広がった。

その後、ONE N’ ONLYのリクエストでナオトがスペイン語曲「El Japonés」、公開中のディズニー最新作『ミラベルと魔法だらけの家』の日本版エンドソング「マリーポーサ 〜羽ばたく未来へ〜」を披露。リスナーからは「またミラベル見たくなった」「歌声最高」などのコメントが。ナオトが『ミラベルと魔法だらけの家』劇中で声優を務めたことについても、喜びの感想が届いた。その後、先日ナオトのライブに遊びに行ったというONE N’ ONLYから、ライブに対する感想も。会場の全体が飛び跳ねるような空気感やライブパフォーマンスに感銘を受けたという。世界中のエンターテイメントを見てきたナオトも、上の世代から受け継がれていくライブパフォーマンスについて熱く語った。



ライブの話から派生し、ONE N’ ONLYの方から「コラボしたい」という声が上がって早速コラボ楽曲を披露。ONE N’ ONLYの「My Love」に合わせて、ナオトもハモリ参戦した。

その後、世界で活躍するという共通項から、SNS発信で世界に音楽を届けるONE N’ ONLYが、実際に世界を回って土台を築いていったナオトに世界と繋がる際の心境を質問。ナオトが世界で活躍するようになるまでの軌跡が語られた。リスナーからは「一緒にワールドツアーしてほしい!」という期待のコメントも。

10周年も残すところあと5日というタイミングもあり、最後はナオトがスペシャルな「10周年メドレー」を披露。曲の途中でナオトが「知ってる曲あったらいつでも入ってきて!」と対面ならではの一体感を活かす声掛け。「タカラモノ~この声がなくなるまで~」、「ありったけのLove Song」、「今のキミを忘れない」、「Brave」、「恋する季節」、「愛してた」、「いつかきっと」、「Overflows~言葉にできなくて~」と秋にリリースしたベストアルバムにも入っているシングル曲のみで構成された。ナオトがワンエンメンバーに歌詞を教えながら一緒に歌う、微笑ましいシーンも。ハモリで参加したり、他では見られないような特別な光景に、リスナーからも「見れて本当によかった」「泣いちゃった」などと感動の声が多く届いた。



世代を乗り超えた友情が生まれ、そして2021年最後の生歌の披露となった今回の<ナオトフェス>は最高のボルテージで幕を閉じた。

   ◆   ◆   ◆

この記事をツイート

この記事の関連情報