Hayato Hioki (EASTOKLAB)、生活のBGMに似合う柔らかな「Yeast」配信スタート

ツイート

EASTOKLABのボーカル・シンセサイザーを務めるHayato Hiokiが、昨年12月にリリースしたシングル「Coda」に続き、第2弾デジタルシングル「Yeast」を本日より配信スタートした。

「Yeast」はアナログとデジタルのシンセを複数使用して、柔らかく暖かい広がりを持ったスペースを作ることに尽力し、疲れた時のリフレッシュや、帰り道の電車など、生活のBGMとして聴いてほしい楽曲になっているという。

前作はボイスサンプリングやエレクトロビートを多用したインストアルバムであったのに対し、今作はエレクトリックピアノを中心に据えたニューエイジなサウンドへと移行。“静寂よりも穏やかな音楽”をテーマに、美しいアンビエンスが特徴的なニューエイジミュージックを完成させた。 Hayato Hiokiは今後、同テーマで制作された音源を3ヶ月連続リリースしていく。

Hayato Hioki Digital Single「Yeast」

2022年1月26日(水)配信開始
UKDZ-0226
https://hayatohioki.lnk.to/Yeast

01.Yeast


この記事をツイート

この記事の関連情報