デイヴィッド・リー・ロス、ヴァン・ヘイレンのツアー計画に対しコメント

ツイート

デイヴィッド・リー・ロスが、ジェイソン・ニューステッドとジョー・サトリアーニが言及した故エドワード・ヴァン・ヘイレンとヴァン・ヘイレンのレガシーを称えるツアー計画についてコメントした。

◆ヴァン・ヘイレン画像

サトリアーニは、最近配信された『Rock of Nations with Dave Kinchen』ポッドキャストのインタビューで、「約1年、アレックスとデイヴとツアーか何かしようと話をしている。エディとヴァン・ヘイレンのレガシーを真に称えるものだ」と発言。ファン・サイト『Van Halen News Desk』がこれに関しロスに問い合わせたところ、彼から以下のような返事があったという。

「俺が思うに“ヴァン・ヘイレン4K”は、新型コロナウイルスが不安な時代は至るところで、俺ら2人が必要とされる。サトリアーニとルカサー、アンソニーとニューステッド、アルかトミー・リー。恐らく、いま俺の任務を遂行できるのはピンクだけだろう…」

新ツアーの計画に関しては、反対する声が多数、『Van Halen News Desk』のSNSに寄せられている。また、ロスは最後のライヴ・パフォーマンスとなるはずだったラスベガス長期公演を中止したが、昨年秋、引退を宣言している。



Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報