United Studio Technologies「UT Twin87」発売

ツイート

低価格で歴史的マイクロフォンの特性を一切の妥協なく現代のレコーディング環境に再現するマイクロフォンブランドUnited Studio Technologiesより、新旧の87スタイルのマイクフォンをヴィンテージ/モダンの2つの特性で切り替えて使用することができるUT Twin87が発売される。

◆「UT Twin87」 関連画像


また、本製品の日本国内での発売を記念して期間限定イントロプライスによるプロモーションを実施。

ヴィンテージが、それともモダンか。UT Twin87はマイクロフォンの選択に対するこの議論に対して“どちらも両方”という答えで終止符を打つだろう。UT Twin87は2つの「87スタイル」マイクロフォンの本格的な音響機能を1つの筐体で実現する。そのためにUnited Studio Technologiesは「ゴールデンリファレンス」と呼ばれるかなり初期の段階の個体と最終モデルのいくつかを広範囲にわたって測定。これらのバリエーションの違いは綿密に研究され、音響特性の違いは注意深く引き出された。

UT Twin87の2つの回路の切り替えは単なるEQブースト/カットやデジタルギミックではない。半世紀近く離れた2つの「87スタイルの回路トポロジ」を実際に切り替えて音響特性を再現する。



ヴィンテージモードでは、初期の「87スタイル」マイクと同じように絶縁されたデュアルバックプレートカプセル設計を利用してファンタム電源電圧によってカプセルを直接分極。ハイZおよびディエンファシス回路はオリジナルモデルと全て同じコンポーネントが使用されており、わずかにウォームでソフトなサウンドが得られる。またモダンモードではクラシックマイクの最新のリビジョンでよく見られるようにカプセルはFET発振回路を使用してより高い電圧で分極され、より高いカプセル感度を生み出し、よりホットなシグナルをアンプ回路に供給する。ハイZおよびディエンファシス回路は後期の「87スタイル」マイクと全て同じコンポーネントが使用されており、わずかにラウドで明るく明瞭なレスポンスが得られトップエンドのリーチが拡張される。

「UT Twin87」

2022年5月26日(木)
90,000円(税別)
イントロプライス:80,000円(税別)
※イントロプライスプロモーション期間:2022年6月10日(金)まで※規定数に達し次第終了する可能性があります。

■仕様
Type:Condenser Microphone
Capsule :UT Series, 34mm brass, insulated dual backplate K87
Diaphragm :Dual-diaphragm, 6 micron, 24k gold sputtered Mylar (PET film)
Power Supply :+48v Phantom Power (via XLR)
Ground:Pin 1 XLR (required)
Frequency Response :20 Hz - 20 kHz
Polar Pattern :Cardioid, Figure 8, Omni
SPL :136 dB (145 dB w/ Pad) @ <.5% THD
Output Impedance :27 ?
Amplifier Type :Field Effect Transistor
Self Noise :<10 dB (cardioid setting, no pad, no HPF)
Output :Custom-wound UT Series transformer, made in USA
Body :Nickel electroplated, solid milled brass
High pass filter :80hZ (12dB down point)
Pad :-10dB
Connector :24k gold plated XLR, pin 2 HOT, pin 1 GND
Mount :Suspension type shock mount (coming soon)
Dimensions :Height: 220mm / 8.6 in.
Diameter: 55mm / 2.2 in.
Shockmount Depth: 190mm / 7.5 in.

◆オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報