【インタビュー】niKu、切ない別れから踏み出していくエネルギッシュなポップナンバー

ツイート

■自分以外の人からのアイデアを取り入れてやっていくと
■自分自身の幅も広げられ凝り固まっているところを客観視できた


――やはり花形は奏音さんとさなりさんのツインヴォーカルですが、奏音さんは初のフィーチャリング楽曲とどのように向き合いましたか?

奏音:踏ん切りを付けて新しい方向に進んでいる楽曲だと感じたので、爽やかな感じも出しつつ、力強さも残した歌にしたいと思っていました。1番と2番の《バイバイ》の言い方に違いをつけて、心情の変化を表せたかなと思っています。男性とのデュエットやフィーチャリングが初めてだったのと、さなりさんとレコーディングは別々だったので、自分の歌を頑張ることに集中しました。合わさった時にどうなるかなと楽しみにしながら歌いました。

Chinozo:奏音さんはまた表現力がついたし、力強さが加わりましたね。エディットしていて楽しかったです。でもサビはさなりさんとデュエットするには力強すぎて(笑)。声が重なった時にいい感じになるように、サビの力強さを若干おさえてもらいました。


▲「サクラメルト feat.さなり」

――さなりさんは奏音さんの歌を聴いたうえで歌入れをなさったのでしょうか?

Chinozo:いや、ふたりの声のバランスは僕の中で調整を取ろうと思ったので、さなりさんにはさなりさんだけで入れてもらったんです。僕はさなりさんの声を発表されている音源でしか知らないので、それが完全にそのまま乗っかることをイメージしながら奏音さんのヴォーカルディレクションをしたんですよね。

さなり:だから僕も奏音さんの歌を想像しながら歌入れをしました。サビは奏音さんと僕の声が重なるので主張し過ぎず、ソロパートでは歌詞のつながりを大事にしつつ、奏音さんの声が入ってくる箇所は意識しながら歌いました。完成したテイクを聴いて想像以上というか、ちゃんとふたりで掛け合いができているし、こんなにマッチするんだと驚きました。奏音さんの声が聴けていない状態でのレコーディングだったぶん、感動しましたね。奏音さんの歌声も失恋の悲しさと力強さがしっかり合わさっていて、歌詞にすごくマッチしてる。

奏音:ありがとうございます(笑)。さなりさんは共感できる歌詞や、自分の気持ちをしっかり表現した曲を書いてらっしゃるので、個人的に好きで結構前から聴いていて。お母さんや友達から“ふたりの声の相性がいいね”と言ってもらえたり、自分でも“こんなに合うんだ!”って感動して。聴いていて楽しいです。

Chinozo:ヴォーカリストふたりにそんなふうに言ってもらえてよかった。今回みたいなレコーディングは初めてだったし、さなりさんのラップにどれくらいオートチューンを掛けたらいいのかすごく悩んだので。よくまとめられたなあとひと安心です(笑)。

――かなり実りのある制作だったのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

Chinozo:さなりさんのメロディのセンスやがちゃさんのイラストのアイデアとか、自分以外の人からのアイデアを取り入れてやっていくと自分自身の幅も広げられるなとあらためて思いました。自分の頭の中で凝り固まっているところを客観視できたし、勉強になりました。

さなり:僕も学ぶところがたくさんありました。奏音さんの歌を聴いて“このメロディをこういう歌い方で歌うとこんなふうに聴こえるんだ”とか、“実際にこのメロディを歌うとこういう歌い方になるんだ”という発見も多かったです。

がちゃ:「サクラメルト feat.さなり」の制作過程で、Chinozoさんの楽曲にさなりさん、奏音さんのカラーが入ることでどんどん進化しているなと感じて。自分もちゃんとこの進化の波についていかなきゃと頑張れたのが良かったなと思いました。奏音さんはどんどん歌が上手くなっているし、歌で世界観を作れるようになっているので、それに負けないようにしなきゃと思っています(笑)。Chinozoさんと奏音さんがプロフェッショナルなので、いつも“私も頑張ろう!”と奮い立たされています。

――最後に、お2組で何かお話したいことはありますか?

Chinozo:あ、じゃあ。もっとさなりさんとお話できる機会を設けたいなと思っております(笑)。

さなり:ぜひぜひ。今回Chinozoさんと一緒にやれてすごくうれしかったので。

Chinozo:やったあ! ちなみにさなりさんってゲームします?

さなり:あ、しますよ。

がちゃ:もしかしてChinozoさん、ゲーム仲間のお誘いしてます?(笑)

Chinozo:(笑)。さなりさん最近どんなゲームしてますか?

さなり:『VALORANT』ですね。

Chinozo:わ、一緒です!! 今ランクは?

がちゃ:学校の男子の会話を聞いてるのかしら!(笑)

――ではChinozoさんとさなりさんは、ゲームの世界でもタッグを組んでいただけたらと思います(笑)。

Chinozo:まさか同じゲームやってるなんてうれしいなあ。さなりさん、今後ともよろしくお願いします(笑)。

さなり:こちらこそよろしくお願いします(笑)。

取材・文:沖さやこ

リリース情報

「サクラメルト feat.さなり」
4/29より配信リリース中
◆https://linkco.re/EYcGH77b

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報