デイヴ・ムステイン「ジェイムズ・ヘットフィールドと音楽を作れる日が再びくることを願っている」

ツイート
Photo by Travis Shinn

メガデスのデイヴ・ムステインは、元バンド・メイトであるメタリカのジェイムズ・ヘットフィールドと再び一緒に音楽を作りたいと願っているそうだ。

◆デイヴ・ムステイン画像

最近、ヘットフィールドに連絡を入れたことを明かしたり、過去に殴ったことを後悔しているなどと言及していたムステインは、『VWMusic』のインタビューで「長いキャリアの秘訣」を問われると、再度ヘットフィールドの名を挙げ、それに答えた。

「頑固さじゃないかと思わざるをえない。俺は、ジェイムズと再び一緒に曲が作れる日がくることを、こっそり願っているんだ。世界は俺らにそうしてほしいと思ってるだろうし、この先実現する可能性はかなりあると俺は思ってる。俺は、ある日、ジェイムズがふらりとやって来て、彼と俺で再び何かできるっていうのは可能だと考えている。それが、俺の原動力の一つなんじゃないかな。メガデスにとっていいことだろうし、メタリカにとっても素晴らしいことになるかもしれない」

ムステインは最近、『Classic Rock』のインタビューで、今年5月にヘットフィールドがステージ上で不安を吐露したのを知り、ヘットフィールドへ「ジェイムズ、俺は君を愛しているし、君の演奏が本当に好きだ」とのテキスト・メッセージを送ったと明かしていた。「返事はなかった。当然な。彼はしないだろ。重要なのは、俺も同じ気持ちになったことがあると彼に知ってほしかったんだ」という。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報