ゴーゴーズ、ぺトラ・ヘイデンのベネフィットギグでベックらの協力を得る

twitterツイート
ヴォーカルのBelinda Carlisleを欠いたGo-Go'sのメンバー4人は、11月26日(日)にハリウッドのKnitting Factoryで行なわれた地元のミュージシャン、Petra Hadenのためのベネフィットで、Beckをはじめとするアーティストらの協力を得た。

Beckは、映画『We Got The Beat』に出演したことでよく知られているコメディアン/ミュージシャン/俳優のJack Blackのリードヴォーカルをフィーチャーした“We Got The Beat”で、バックヴォーカルを務めた。演奏中、BlackはGo-Go's のCarlisleの物まねをところどころに織り交ぜ、華麗なパフォーマンスを披露した。

他に“Our Lips Are Sealed”ではMatthew Sweet、“Vacation”では元that dogのヴォーカルAnna Waronkerが、ゲストヴォーカリストとして参加、リードをとった。

このイベントは、8月に交通事故を起こして重傷を負ったWaronker'sの元バンドメンバー、Hadenのためのベネフィットギグで、長時間にわたって行なわれた。Hadenのバイオリン作品は、Beck、Green DayFoo FightersLuscious Jackson、Susanna Hoffsなど数々のアーティストのアルバムに収録されている。

他の出演者は、Beck、Victoria Williams、XのExene Cervenka、元Jane's AddictionPorno For PyrosのドラマーStephen Perkins。また、The Foo FightersのDave Grohlもこのベネフィットを支援して参加した。

Neal Weiss、ロサンゼルス
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報