ブライアン・マクナイトがツアーのスペシャルビデオを製作し愛国心を示す

ツイート
現在、アルバム『Superhero』のプロモーション・ツアーをしているBrian McKnightが“Win”のスペシャルビデオを製作し、米国のイコンに敬意を表した。同曲のオリジナルビデオはRobert De Niro、Cuba Gooding Jr.主演の映画『Men Of Honor/ザ・ダイバー』のサウンドトラックからのもので、映画のシーンとMcKnightの歌のクリップをフィーチャーしている。

愛国ヴァージョンにMcKnightの姿はないが、星条旗と世界貿易センター、消防士、Martin Luther King Jr.、John F. Kennedy、Venus、Serena Williams、Tiger Woods、Michael Jordanの映像が収められている。

90分間のMcKnightのショウにはまた、*N SYNCのメンバーJustin Timberlaも参加し、McKnightとのデュエット“Just My Kind Of Girl”で彼のパートを歌っている。

オープニングアクトのTyreseと、彼のバックシンガー/ダンサーらは赤、白、ブルーの衣装で国家へのサポートを表現している。

Tyreseは「アメリカ人であることを誇りに思っている」とLAUNCHに語り、また、9月11日の攻撃で米国人が人種の違いを越えてひとつになったと付け加えている。「みんながいっしょになった。誰もが星条旗をつけて車を運転している。今はすばらしい時なんだ」

Billy Johnson Jr., Los Angeles LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報