エルヴィス・プレスリー、ビートルズ、ボブ・ディランのレアものが売り出される

ツイート
Elvis Presleyの初めてのエージェント契約書、Jimi Hendrixの首飾り、Bob Dylanの初コンサートのプログラム、Beatlesの初めてのレコードなど、ユニークなアイテムが音楽記念品サイトrecordmecca.comで売りに出されている。

中でも最もレアなものはElvis Presleyの書類で、これまでに市場に出回ったことがない。この未発表の代理契約書には'56年1月31日の日付が入っているが、これはPresleyが“Blue Suede Shoes”をレコーディングした翌日の日付で、彼が(『Dorsey Brothers Show』で)初めて全米のテレビに登場した3日後のことだ。署名の入ったその契約書には、William Morris Agencyが俳優としてのElvis Presleyを代表すると記述されている。エージェント側のタイピストはPresleyのファーストネームのスペルを誤って打ち、後に訂正されている。契約書の売値は4万ドル。

次のアイテムは、Beatlesの初めてのレコーディング・マテリアル“My Bonnie/The Saints”で、彼らはこれをTony Sheridan & the Beat Brothersの名でレコーディングしている。レコードはドイツのハンブルグで制作され、Beatlesになる前の彼らは英国のシンガー、Tony Sheridanのバックバンドとしてプレイしていた。同レコードの売値は3200ドル。また、物議を醸して後に発売禁止された“Butcher Cover”アルバム『Yesterday And Today』('66年)のプロモーション用ポスターが、手ごろな価格の2000ドルとなっている。

Dylanの'61年初ライヴのコンサートプログラムは、その表紙に「The Folklore Center Presents Bob Dylan」の言葉と共にハーモニカを演奏する若きDylanの姿を写し出している。コンサートはCarnegie Chapter Hall(Carnegie Hallの上部ルーム)で開催され、料金は全席2ドルだった。Jimi Hendrixの長年のガールフレンド、Kathy EtchinghamのコレクションにあるHendrixのブルー・マルチカラーのガラスの首飾りは5000ドル。

上記アイテムの購入に関する情報や他の音楽記念品についての詳細はrecordmecca.comへ。

Sue Falco, New York LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報