ヴァン・ヘイレンがWarner Bros. Recordsと決別

twitterツイート
Van Halenが、これまでレコーディングを行なってきた唯一のレーベル、Warner Bros. Recordsと「友好的に決別」した。バンドのスポークスパーソンは1カ月前に関係を解消したことを認め、Van Halenの今後のプランについて、「現時点では彼らにしか分からない」とLAUNCHに語った。

レーベルの元バンド代表者は、この状況についてのコメントを控えている。

バンドのWarner Bros.からの1stリリースは『Van Halen』('78年)。以来、彼らは20年以上にわたり、3人のリードヴォーカル(David Lee RothSammy Hagar、Gary Cherone)で11枚のアルバムをリリースした。また、グレイテスト・ヒッツやライヴ・アルバムも出ている。

Bruce Simon, New York LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報